企画展「アフリカ・南極・ヒマラヤ」


クリックで拡大します

開催場所:京都大学百周年時計台記念館企画展示室

開催期間:2008年8月5日ー10月5日

企画展あいさつ:

1948年12月3日に今西錦司が幸島の野生ニホンザルの研究に着手しました。第2次世界大戦後わずかに3年のことです。今西に同行したのは当時の京大生であった伊谷純一郎と川村俊蔵でした。この日をもって日本の霊長類学は誕生したといえます。したがって、本年はその60周年にあたります。その後、10年にわたるニホンザル研究の蓄積をもって、今西と伊谷は最初のアフリカ調査を敢行しました。野生ゴリラ、ついでチンパンジーに焦点をあてて、人間の社会の進化を理解しようとしたのです。

じつは同じ1958年に、西堀栄三郎の率いる日本隊が最初の南極越冬に成功しました。また桑原武夫の率いる京都大学学士山岳会(AACK)の遠征隊が、カラコラムの未踏峰チョゴリザ(7654m)の初登頂に成功しました。今西・西堀・桑原は京都帝国大学の同級生で山岳部員です。京都大学が探検大学とも称される礎を作った年が1958年だといえるでしょう。本年はその50周年にあたります。

半世紀前に展開されたアフリカ、南極、ヒマラヤでの偉業を回顧することで、将来を展望したいと思います。学問とフィールドワークの伝統を受け継ぐものとして、本年4月に、京都大学野生動物研究センターが発足しました。なぜ今西や西堀や桑原は、そうしたフィールドワークを実践して、新たな研究を興したのか。われわれの世代がかれらから引き継ぐべきものは何か。先人の足跡をたどることで、今一度深く考えてみたいと思います。末尾になりましたが、企画展開催にご尽力くださった皆様方、とくにご家族の方々に感謝いたします。

京都大学霊長類研究所長 松沢哲郎

京都大学山岳部長 松林公蔵

京都大学野生動物研究センター長 伊谷原一