ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

パラドリコピテクス・サスキーニ(後期鮮新世、タジキスタン南部)の上顎洞とその系統発生的示唆

西村剛、高井正成、エフゲニ-・マシェンコ

The maxillary sinus of Paradolichopithecus sushkini (late Pliocene, southern Tajikistan) and its phyletic implications [Abstract] Paradolichopithecus sushkini is a large fossil cercopithecine from the late Pliocene discovered at Kuruk-Say, southern Tajikistan. Despite its rather long face and large size, many authorities regard Paradolichopithecus not as a baboon, but as a large macaque, mainly based on the cranial morphology of European specimens. Among Old World monkeys, macaques are the only species that possess a maxillary sinus. Thus, we evaluated the presence/absence and morphology of this feature in P. sushkini using computed tomography (CT) scans of two Kuruk-Say cranial specimens in order to assess this species' taxonomic affinities. One of the specimens shows a thin bony wall separating a small area from the nasal cavity. Posterior to this structure is a pair of bony ridges: one protrudes from the alveolar process and the other descends from the superior portion of the nasal wall. A similar configuration was detected in the other specimen. These features strongly suggest the presence of a maxillary sinus in this species. This interpretation is supported by the fact that the superior portion of the alveolar process is excavated in the adult specimen. Thus, both specimens exhibit a maxillary sinus expanding laterally to share the external thin wall of the muzzle, and such a configuration may depend on the reduction of the maxillary bone, i.e., the presence of a maxillary fossa. The Kuruk-Say specimens probably retained a small maxillary sinus, despite the reduced size of the maxillary body. Thus, based on this evidence, P. sushkini probably belongs to the macaque lineage rather than that of baboons, although structural influences of the maxillary fossa leading to formation of the maxillary sinus have yet to be evaluated in extant macaques and baboons.

Journal of Human Evolution 52: 637-646 (2007)

上顎洞は、頬のあたりにある頭蓋骨内の空洞で、日常の生活ではその存在を感じることはありませんが、風邪などがひどくなったときには、洞内を覆う粘膜が炎症(急性副鼻腔炎)を起こし頬や額のあたりに鈍痛を生じさせることがあります。また、一般に蓄膿症と呼ばれる慢性副鼻腔炎が生じる箇所としても知られています。旧世界ザル系統では、上顎洞はその共通祖先で一度なくなり、マカク系統でのみ再び獲得されたと考えられています。本研究は、その系統発生仮説に基づいて、マカクかヒヒ系統のどちらに属するのか議論が続いていた化石旧世界ザル・パラドリコピテクスParadolichopithecus属の所属系統を推定しました。後期鮮新世・タジキスタン南部産のパラドリコピテクス・サスキーニ(P. sushkini)の模式標本を含む頭蓋骨化石をコンピューター断層画像法(CT)で撮像し、同種がヒヒ的な顔面・歯形態をもつにもかかわらず上顎洞をもつことを明らかにしました。この結果は、同属がマカク系統により近いことを強く示唆します。この系統推定の結果により、これまでもっぱら南アジア経由と考えられてきたマカク系統のアジアへの拡散ルートとして、北の中央アジア・シベリア経由の可能性も示唆され、マカク類の進化史研究に一石を投じました。

MAY/25/2007

Copyright(C) 2007 PRI (web@pri.kyoto-u.ac.jp).