ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

Expression of protein kinase-C substrate mRNA in the motor cortex of adult and infant macaque monkeys.

Higo N, Oishi T, Yamashita A, Murata Y, Matsuda K, Hayashi M

To understand the molecular and cellular bases of plasticity in the primate motor cortex, we investigated the expression of three protein kinase-C (PKC) substrates: GAP-43, myristoylated alanine-rich C-kinase substrate (MARCKS), and neurogranin, which are key molecules regulating synaptic plasticity. Prominent signals for the threemRNAswere primarily observed in pyramidal cells. Large pyramidal cells in layer V, fromwhich the descendingmotor tract originates, contained weaker hybridization signals for GAP-43 and neurogranin mRNAs than did the smaller pyramidal cells. We also performed double-label in situ hybridization showing that GAP-43 and neurograninmRNAs were expressed in a subset of MARCKS-positive neurons. Quantitative analysis showed that the expression was different between the layers: layer VI contained the strongest and layer II the weakest signals for all three mRNAs. The expression levels of GAP-43 and MARCKS mRNA in layer V were higher than in layer III, while the expression level of neurogranin mRNA in layer V was almost the same as in layer III. Developmental analysis from the newborn to adult indicated that the expression levels of the three mRNAs were higher in the infant motor cortex than in the adult. The expression of both GAP-43 and neurogranin mRNAs transiently increased over several months postnatally. The present study showed that the expression of the three PKC substrates was specific to cell types, cortical layers, and postnatal developmental stage. The specific expression may reflect functional specialization for plasticity in the motor cortex of both infants and adults.

Brain Research, 1171, 30–41, 2007

可塑性に関わる酵素プロテインキナーゼCの基質であるGAP-43, MARCKS, ニューログラニンのmRNAの発現を成熟期と発達期のマカクの運動野で調べた。成熟期には、どのmRNAも特に錐体細胞で強い発現が見られた。ただし、GAP-43とニューログラニンは、小型の錐体細胞に比べ、皮質脊髄路の起始細胞であるV層の大型錐体細胞での発現が弱かった。GAP-43とニューログラニンはMARCKSを発現している細胞の一部で発現していた。どのmRNAも浅層よりも深層で発現が強かった。どのmRNAも出生直後の方が成熟期よりも発現量が多かったが、GAP-43とニューログラニンに関しては一過性に増加してから減少した。これら三種のプロテインキナーゼ基質は細胞腫によって異なった発現制御を受けていることがわかった。  この研究は、産総研、日本大学との共同研究である。

NOV/19/2007

Copyright(C) 2007 PRI (web@pri.kyoto-u.ac.jp).