ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

STR polymorphism of mtDNA D-loop in rhesus macaques of Bangladesh

Mohammed Mostafa Feeroz , Kamrul Hasan , Yuzuru Hamada , Yoshi Kawamoto

Molecular variation of mitochondrial DNA (mtDNA) was investigated for rhesus macaques (Macaca mulatta) of Bangladesh. A partial sequence (583–599 bp) of mtDNA containing the second variable region of the Dloop was compared for 39 individuals from five localities in the country. A total of seven haplotypes were detected with substitutional or insertion/deletion mutations. They contained a unique polymorphism of pentanucleotide STRs (short tandem repeats). There were at least four different length types, from two to five repeats of the unit nucleotide. One site of substitution and one site of single nucleotide insertion/deletion were also involved in the polymorphism. The mutation hot spots of the STR polymorphism were located between the first and second conserved sequence blocks (CSB1 and CSB2), as observed previously in some other mammals. The geographical distribution of the STR polymorphism revealed local differences; the northeastern population was polymorphic with three STR haplotypes, but other local populations were simply monomorphic with a single STR haplotype. Molecular phylogenetic analysis with reported sequences from outside Bangladesh indicated a low substitution diversity of mtDNA in Bangladesh. Clustering results suggested a close relationship to India and divergence from Laos and China.

Primates (2008) 49(1): 69-72

バングラデシュのアカゲザルにみられるミトコンドリアDNAの分子変異について調査した。国内の5地点で採取した39個体の糞試料からDNAを抽出し、第2可変域を含むDループの部分配列(583-599塩基)を解読したところ、5塩基を単位とする特徴的な短い反復配列の多型を発見した。調査した集団では、反復回数が異なる少なくとも4タイプが区別できた(反復回数は2〜5回)。これ以外で配列にみられるちがいは、塩基置換変異が1箇所、1塩基の挿入/欠失変異が1箇所、だけであった。反復変異の部位は、何種かの哺乳類で以前に報告された例と同様に、conserved sequence block(CSB)の1番目と2番目の間に位置していた。反復配列変異は地理的分布にちがいを示し、東北地方の一集団内で3タイプが検出された以外はいずれの集団も1タイプに固定していた。バングラデシュ以外の報告と配列をくらべた結果から、バングラデシュ国内ではmtDNAの置換変異が少ないこと、分子系統ではインドタイプに近縁で中国やラオスのタイプとは大きく分化すること、が明らかになった。
 【本研究は、バングラデシュのJahangirnagar大学からFeeroz教授(2006年7-9月)とHasan講師(2006年8月)を霊長類研究所に招いて実施した国際共同研究の成果です。】

JAN/06/2008

Copyright(C) 2008 PRI (web@pri.kyoto-u.ac.jp).