ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Development-dependent expression of calreticulin in the brain and other tissues of the Japanese monkey, Macaca fuscata

A. Higashino & T. Kageyama

カルレティキュリン(Crt)は小胞体に常駐する分子シャペロンである。Crtは糖タンパク質の正しい折れたたみに関与するとともに、その細胞内発現量は様々な生理状態に依存して変化する。Crtの組織内発現量を明らかにするために、既に開発・報告済みのCrt-ELISA測定系(Higashino et al., J Med Primatol 37(2): 93-100, 2008)を用いて新生児・若年・成体ニホンザルの各組織におけるCrtタンパク質の発現分布を調べた。Crtは様々な組織で発現が観察された。大脳皮質の各領域では新生児で低い値を示し、発達に伴い増加する傾向が見られた。また他の組織では新生児の心臓や肺、肝臓で若年個体や成体に比べて高いCrt量が見られた。これらはいずれも発達に伴う組織における糖タンパク質の生合成の増減と相関していると考えられた。以上、本研究では小胞体ストレスタンパク質Crtの脳などの組織発現分布と発達過程での変化についての基礎データを得た。

J Med Primatol 37(6): 303-310 (2008)

Calreticulin (Crt) is a molecular chaperone localized to endoplasmic reticulum lumen. The protein is involved in the correct folding of glycoproteins and its cellular level changes depending on various physiologic conditions. To clarify the Crt level in various tissues of the Japanese monkey during postnatal development, an enzyme-linked immunosorbent assay system that we have established was applied. Calreticulin is distributed ubiquitously in various tissues. Its level in the heart, lung, liver, spleen, and kidney was high in newborns and decreased in juveniles and adults. In various cerebral areas, Crt was present in the gray matter but scarcely found in the white matter. The Crt levels in the cerebral areas were low in newborns and increase in juveniles and adults. These distribution and developmental changes in Crt might be correlated with the quality control of glycoproteins that are synthesized in respective tissues.

DEC/17/2008

Copyright(C) 2008 PRI ().