ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Nasal architecture of Paradolichopithecus arvernensis (late Pliocene, Senèze, France) and its phyletic implications

西村剛、Brigitte Senut、Abel Prieur、 Jacque Treil、 高井正成

パラドリコピテクスParadolichopithecusは、鮮新世後半にユーラシア大陸に生息していた大型で地上性のオナガザル亜科です。その系統的位置に関しては、マカク系統とヒヒ系統のどちらに近いか論争が続いています。私たちの研究クループは、以前、後期鮮新世・タジキスタン南部産のパラドリコピテクス・サスキーニ(Paradolichopithecus sushkini)の頭蓋骨化石をCT撮像し、それに上顎洞という頬のあたりにある頭蓋骨内の空洞があることを明らかにしました(http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/data/0182.html)。上顎洞は、旧世界ザルではニホンザルを含むマカク系統のみでみられる特徴です。この結果は、顔面・歯形態からヒヒ系統に近いともいわれてきたパラドリコピテクス属は、マカク系統に近いと示唆します。本研究は、同属のタイプ種である後期鮮新世・フランス産のパラドリコピテクス・アルベルネンシス(P. arvernensis)のタイプ標本のCT撮像に成功し、その顔面内部の構造を分析しました。その結果、この種には上顎洞がないことがわかりました。このことは、少なくとも同属および同種が現生マカク系統につながる種ではないことを意味します。また、現生霊長類では、この上顎洞の有無が同じ属内で種によって異なることは知られていないので、タジキスタンのサスキーニ種はパラドリコピテクス属ではないのかもしれません。しかし、化石種も含めて旧世界ザル類の上顎洞などの頭蓋内部形態の種間・属間変異に関する研究は十分に進んでいるとはいえません。CTでそのような研究をすすめると、パラドリコピテクス属の系統的位置や両種の関係がはっきりしてくるでしょう。

Journal of Human Evolution, 56(2): 213-217 (2009)

 Paradolichopithecus is a large cercopithecine primates which is known from the middle Pliocene to the early Pleistocene of western Eurasia. Its phylogenetic position within the tribe Papionini is still debated: despite the baboon-like appearance of the skull, many cranial external features of European specimens suggest affinities with macaques rather than baboons. It is widely recognized that among extant cercopithecoids the maxillary sinus occurs only in macaques. P. sushkini from the late Pliocene of Kuruksay, southern Tajikistan, had a small maxillary sinus, supporting the idea that this genus belongs to the lineage of macaques rather than that of baboons. We applied computed tomography to the Paradolichopithecus cranium discovered at Senèze, France. No distinct maxillary sinus can be seen; a thin maxillary body with a large inferior meatus can be observed at the M1–2 level, and at the M3 level it thickens and is isolated from the middle meatus by a continuous bony wall. Although a maxillary sinus might have been restricted at the maxillary tubercles, such morphology strongly suggests that no maxillary sinus developed in this specimen. This discrepancy in the presence or absence of the maxillary sinus in the Senèze and Kuruksay specimens indicate a more complicated evolutionary history of Paradolichopithecus in the tribe Papionini than previously thought.

JAN/30/2009

Copyright(C) 2008 PRI ().