ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Effects of Yearly Change in Nut Fruiting on Autumn Home-range Use by Macaca fuscata on Kinkazan Island, Northern Japan

Y, Tsuji and S, Takatsuki

ニホンザルの秋の主要食物である堅果類の結実の年次変動が、彼らの行動圏の位置の設定や行動圏内部の利用にどの程度影響するかを明らかにするため、2000年から2005年にかけて宮城県金華山島で調査を行いました。我々は当初、次のような予想を立てました。 1. 行動圏の位置の設定についての予想  サルたちは、潜在的に利用可能な場所の中で、その年の結実樹種の多い場所に行動圏をかまえるだろう 2. 行動圏内の利用についての予想  サルたちは、設定した行動圏の中で、その年の結実樹種の多い場所を頻繁に利用するだろう  まず1.については、結実樹の多い場所はいずれの年も期待されるよりも高い割合で行動圏に含まれていたものの、そのうち有意差が見られたのは5年のうち3年だけでした。いっぽう2. については、行動圏内の割合と利用頻度の間に有意差が見られる年もあればそうでない年もあり、一貫性には欠けていました(同じ樹種が結実した2つの年の間ですら、有意差あり・なしの違いが見られました)。  サルたちはどうやら、堅果類の1)栄養価、2)量、そして3)分布様式と他の食物のそれらを天秤にかけ、自らの振るまいを柔軟に調整しているようです。

Int. J. Primatol. 30: 169-181

Temporal changes in food availability affect foraging success and ultimately reproductive success of animals. They include both seasonal and annual changes. Although many researchers have investigated food availability and the corresponding ranging behavior of primates, studies of yearly changes have been limited. We studied the effects of the fruiting of nuts of Fagus crenata, Zelkova serrata, and Torreya nucifera on the ranging behavior of Japanese macaques (Macaca fuscata) in autumn on Kinkazan Island, northern Japan, for 5 yr between 2000 and 2005 (excluding 2003). We divided the study area (3.3 km2) into 100 × 100-m quadrats to assess the distribution of nut-rich quadrats that contained high densities of nut-producing species. The home ranges of the monkeys contained more nut-rich quadrats than expected, and the difference was significant for 3 of 5 yr. Autumn home-range use was also affected by the distribution of nut production, although the effect differed by year: monkeys frequently used nut-rich quadrats in a Zelkova-year (2000) and in 1 Torreya-year (2001), whereas they nonselectively used nut-rich quadrats in 2 Fagus-years (2002 and 2005) and in another Torreya-year (2004). Thus, Japanese macaques flexibly change their autumn ranging behavior according to yearly changes in distribution of nut production.

FEB/08/2009

Copyright(C) 2008 PRI ().