ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Context-dependent representation of reinforcement in monkey amygdala

Hirai, Daichi; Hosokawa, Takayuki; Inoue, Masato; Miyachi, Shigehiro; Mikami, Akichika

サル扁桃体には、報酬を予告する視覚手掛り刺激に反応する神経細胞、嫌悪刺激を予告する視覚手掛り刺激に反応する神経細胞があり、嫌悪刺激と報酬を比較した条件でも、2種類の報酬を比較した条件でも、より好ましい結果を予告する視覚手掛り刺激 に選択的に応答する神経細胞もある。しかし、両条件でより好ましくない視覚手掛り刺激に選択的に応答する神経細胞はほとんどない。この点は、両タイプの神経細胞 の存在する前頭眼窩回と異なっている。この知見から、報酬や嫌悪の予測に関わる扁桃体と前頭眼窩回の役割の違いが明らかとなった。

NeuroReport. 20(6):558-562, 2009.

It has been reported that neurons in the amygdala respond to visual cues that predict reward and aversive outcomes. However, it remains unclear whether the representation of reinforcement in the amygdala depends on the relative preference for an outcome compared with another simultaneously available outcome. In this study, we introduced three reinforcements (juice, water, and electrical stimulus) and used two of them in one experimental block. Of 52 neurons that showed cue responses reflecting the outcome information, 23% of amygdala neurons coded preferred outcomes, whereas only one neuron coded nonpreferred outcomes. These proportions of amygdala were significantly different from those of the orbitofrontal cortex, which had both types of neurons.

APR/20/2009

Copyright(C) 2008 PRI ().