ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Thatcher Effect in Monkeys Demonstrates Conservation of Face Perception across Primates

Ikuma Adachi, Dina P. Chou and Robert R. Hampton

顔を知覚する際に、ヒトは目・鼻・口といった局所的な特徴がもつ全体構造(一次的関係特性)と、それらの微妙な変化(二次的関係特性)の処理を行っている。顔つきの読み取りや表情の処理には、この後者が重要である。倒立顔に対して、ヒトの顔認識能力が低下することが知られているが、これは二次的関係特性の処理が、倒立顔では阻害されるためである。例えば、顔のうち目・鼻・口という局所的特徴を、他の部位に対し180度反転させる操作を施した場合、正立顔においてはその操作が容易に検出でき、グロテスクに感じるのに対し、倒立顔ではその効果が弱まる。この現象はサッチャー効果と呼ばれ、倒立顔において二次的関係特性処理が阻害される良い例である。本研究ではアカゲザルの顔知覚様式を分析する為に、このサッチャー効果に着目し実験を行った。手続きには馴化脱馴化法を用いた。馴化段階では、同種未知個体の顔写真を1回につき30秒間、計10回呈示した。その後、テストとして馴化に用いた写真とその写真をサッチャー顔化した写真を交互に呈示した。また、馴化・テストに正立顔を用いる正立条件と、倒立顔を用いる倒立条件を設けた。その結果、馴化は両条件において生じたが、脱馴化は正立条件においてのみ生じた。これは、彼らがヒト同様に正立同種顔写真に対しより全体的な処理をし、サッチャー効果を経験したことを示唆している。本研究により、アカゲザルがヒト同様の顔知覚様式を持つことがあきらかになった。ヒトとアカゲザルは約3000万年前に進化の道を分かったことから、ヒトの顔知覚様式の進化の起源が、少なくとも約3000万年前にまでさかのぼれることが示された。

Current Biology, Published Online: 25 June 2009, doi:10.1016/j.cub.2009.05.067

Accurate recognition of individuals is a foundation of social cognition. The remarkable ability of humans to distinguish among thousands of similar faces depends on sensitivity to unique configurations of facial features, including subtle differences in the relative placement of the eyes and mouth [1,2]. Determining whether similar perceptual processes underlie individual recognition in nonhuman primates is important for both the study of cognitive evolution and the appropriate use of primate models in social cognition research. In humans, some of the best evidence for a keen sensitivity to the configuration of features in faces comes from the Thatcher effect. This effect shows that it is difficult to detect changes in the orientation of the eyes and mouth in an image of an inverted face, even though identical changes are unmistakable in an upright face [3,4]. Here, we demonstrate for the first time that a nonhuman primate species also exhibits the Thatcher effect. This direct evidence of configural face perception in monkeys, collected under testing conditions that closely parallel those used with humans, indicates that perceptual mechanisms for individual recognition have been conserved through primate cognitive evolution.

JUN/30/2009

Copyright(C) 2009 PRI ().