ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

How did altruistic cooperation evolve in humans? Perspectives from experiments on chimpanzees (Pan troglodytes).

Yamamoto, S., & Tanaka, M.

チンパンジーでの実験研究の成果を基に、利他性・互恵性の進化について考察した。利他性・互恵性の進化については、究極要因(why)を探る理論的研究が中心だった。しかし、どのようにヒトが協力的な社会を築き上げてきたのかを探るためには、近接要因(how)に注目した他種との比較研究が重要である。本論文では、近年盛んにおこなわれているチンパンジーでの利他性・互恵性にかんする実験研究を概観し、利他行動・互恵性の近接要因について検討した。チンパンジーの利他性・互恵性にかんしては現在でも研究者間で意見がわかれている。実験パラダイムや実験結果を比較検討した結果、チンパンジーの利他性・互恵性にかんして2つの特徴が示唆された。(1) 自発的に振舞うことは稀であるが、相手の要求に応じて利他的・互恵的に振舞うことがある。(2) 食べ物を介した場面より、食べ物を含まない文脈でより利他行動・互恵行動はみられる。これら2つの特徴がチンパンジーとヒトの共通祖先でみられたとすると、その後の社会的認知能力の増大・言語の獲得・食物分配の必要性・物質文化の発達といったヒト特有の進化過程がより協力的な社会の進化を促したとする説が考えられる。その結果、自発的な利他・互恵行動や食物の頻繁な贈与行動がヒト社会を特徴付けるようになった可能性がある。

Interaction Studies, 10 (2), 150-182, 2009

The evolution of altruism and reciprocity has been explained mainly from ultimate perspectives. However, in order to understand from a proximate perspective how humans evolved to be such cooperative animals, comparative studies with our evolutionary relatives are essential. Here we review several recent experimental studies on chimpanzees’ altruism and reciprocity. These studies have generated some conflicting results. By examining the differences in the results and experimental paradigms, two characteristics of prosociality in chimpanzees emerged: (1) chimpanzees are more likely to behave altruistically and/or reciprocally upon a recipient’s request, than without request, and (2) chimpanzees also show a tendency to regard others and help in contexts not involving food. Supposing that these two characteristics of altruism, recipient-initiated altruism and non-food altruism, were present in the common ancestor of chimpanzees and humans, it is possible that increased social cognitive abilities, capacity for language, necessity for food sharing, and enriched material culture favored in humans the unique evolution of cooperation, characterized by voluntary altruism and frequent food donation.

SEP/08/2009

Copyright(C) 2009 PRI ().