ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Meaning of the canine sexual dimorphism in fossil Owl monkeys, Aotus dindensis from the Middle Miocene of La Venta, Colombia

Masanaru Takai, Takeshi Nishimura, Nobuo Shigehara, Takeshi Setoguchi

南米コロンビアの中期中新世の地層から現生のヨザルの祖先種Aotus dindensisの新たな標本が見つかった。この標本の上顎犬歯は非常に大きく、現生種・化石種との比較から性的二型であること確認された。現生のヨザルでは、雌雄共に犬歯は小型で性的二型性はみられないため、化石種におけるこの特徴は現生種との行動的な違いを示しているものと思われる。A. dindensisにおける犬歯の存在について現生種に関する研究と比較してみたところ、A. dindensisがオス間の闘争をするような社会構造を持っていた可能性が強いことが判明した。さらにこういった犬歯の性的二型と大きな眼窩といった形態的特徴を詳しく検討した結果、A. dindensisが現生のヨザルのようなペア型の夜行性種ではなく、複数のメスを含む群れを持った昼行性の種であることが推測された。ヨザルの系統においては、夜行性への進化の過程で眼窩の大型化のような適応は急激に進んだが、昼行性の名残である犬歯の性的二型はゆっくりと退化したらしい。これは形態的な進化のモザイク性を示していると思われる。

Comparative Dental Morphology (Koppe T, Meyer G, Alt KW eds.). Frontier of Oral Biology, 13:55-59.

The owl monkey, Aotus, is the only modern nocturnal anthropoid with monogamous social structure. It has been demonstrated by the fossil species, Aotus dindensis, discovered from La Venta, Colombia, that the Aotus lineage had emerged as early as the middle Miocene (12-15 Ma). The type specimen of A. dindensis, which was discovered in 1986, preserves extremely large orbits, indicating a nocturnal habit (Setoguchi and Rosenberger, 1987). However, a few anatomical traits in living Aotus, such as the lack of a tapetum lucidum, indicates that nocturnality is a secondary adaptation from diurnal ancestry in this genus. Here we report new fossil specimens of A. dindensis from La Venta. The specimens include maxillary teeth and a mandibular fragment preserving lower molars. The detailed analysis of the specimen suggests that A. dindensis exhibits strong sexual dimorphism in the maxillary canine and premolars, which is traditionally associated with intense intermale competition for mates and/or food resources in non-monogamous, diurnal societies. As a result, the new fossil materials of A. dindensis demonstrate the first osteological evidence for the diurnal ancestry of the night monkey, Aotus. Moreover, the coexistence of large orbits and canine dimorphism suggests the presence of mosaic evolution in the craniodental characters of the Aotus lineage.

OCT/02/2009

Copyright(C) 2009 PRI ().