ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Identification of Plasmodium malariae, a human malaria parasite, in imported chimpanzee

Toshiyuki Hayakawa, Nobuko Arisue, Toshifumi Udono, Hirohisa Hirai, Jetsumon Sattabongkot, Tomoko Toyama, Takafumi Tsuboi, Toshihiro Horii, Kazuyuki Tanabe

ヒトマラリア原虫は通常ヒトだけを自然宿主とすることが広く認められている。しかし、初期の形態学的観察は大型類人猿も病原体保有者になりうることを示唆している。我々は日本に輸入された60頭のチンパンジーのマラリアを調べた。rRNAとミトコンドリアゲノムの配列を使って調査したところ、約30年前に輸入された2頭のチンパンジーに、四日熱マラリアが感染していることを認めた。これらの個体は現在無症状である。日本では土着のマラリアは50年以上前にすでに消滅している。それゆえ、今回確認されたマラリアはアフリカで感染後、宿主のチンパンジーとともに日本に輸入されたことが推測される。また、寄生虫指数は30年間低いレベルに抑えられていたものと思われる。このような長期の潜伏感染はヒトでの四日熱マラリア感染では珍しい。我々が知る限り、四日熱マラリアのチンパンジー感染、ならびに非感染国に輸入されたヒト以外の霊長類からのヒトマラリア原虫は、これがはじめての報告である。

PLoS One 4: e7412

It is widely believed that human malaria parasites infect only man as a natural host. However, earlier morphological observations suggest that great apes are likely to be natural reservoirs as well. To identify malaria parasites in great apes, we screened 60 chimpanzees imported into Japan. Using the sequences of small subunit rRNA and the mitochondrial genome, we identified infection of Plasmodium malariae, a human malaria parasite, in two chimpanzees that were imported about thirty years ago. The chimpanzees have been asymptomatic to the present. In Japan, indigenous malaria disappeared more than fifty years ago; and thus, it is most likely inferred that the chimpanzees were infected in Africa, and P. malariae isolates were brought into Japan from Africa with their hosts, suggesting persistence of parasites at low level for thirty years. Such a long term latent infection is a unique feature of P. malariae infection in humans. To our knowledge, this is the first to report P. malariae infection in chimpanzees and a human malaria parasite from nonhuman primates imported to a nonendemic country. 

http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0007412

OCT/29/2009

Copyright(C) 2009 PRI ().