ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Mandible and lower dentition of Parailurus baikalicus (Ailuridae, Carnivora) from Transbaikal area, Russia

SHINTARO OGINO, HIDEO NAKAYA, MASANARU TAKAI, AKIRA FUKUCHI, EVGENY N. MASCHENKO, and NIKOLAI P. KALMYKOV

 ウドゥンガ動物相は,シベリアのバイカル湖南東岸のウドゥンガ(Udunga)地域の中期鮮新世(約350万年前)の陸棲ほ乳類相であり、大型の樹上性コロブス類Parapresbytisが報告されている。本論文ではウドゥンガ相から見つかっていた大型レッサーパンダParailurus baikalicus(レッサーパンダ科,食肉目)の下顎骨と下顎臼歯について報告した。  ウドゥンガ動物相のP. baikalicusの下顎臼歯はこれまで知られているレッサーパンダ科の化石種と大きく異なる特徴をもち,低歯冠で咬頭が小鈍鋸歯状に複雑化し,頬舌径が大きく,さらに下顎m2が大型化している。これらの特徴はP. baikalicusが高度に植物食に適応した形態を有することを示唆している。  ウドゥンガ動物相の食肉類は十数種からなり,森林性と草原性の要素が混在するモザイク的な構成となっている。また,多くが後期中新世から鮮新世にかけて北半球に分布していた広域分布種である。一方,Parailurus属はヨーロッパ・トランスバイカル地域・日本・北米などに広域に分布しているが,P. baikalicusは明らかに他のParailurus属のものと異なる形態学的特徴をもち,ウドゥンガ動物相に見られる固有種である。  この動物相の個々の分類群はまだ詳細な検討が行われている途上にあり,研究の進展によって新たな知見を得ることが期待される。

Paleontological Research

Although the modern lesser panda (Ailurus; Ailuridae; Carnivora; Mammalia) only lives in the temperate highland forests of the southern Himalayan region, its fossil remains of the late Miocene to Pliocene ages have been found widely across the Holarctic region. Very few mandibles or lower teeth of these animals, however, have been identified. Here, we provide a detail description of the mandible and lower dentition of a large-sized lesser panda, Parailurus baikalicus (Sotnikova, 2008), which has been discovered from the middle Pliocene of Udunga, Transbaikalia, Russia. In the Transbaikalian species, lower molars are low crowned and shows highly crenulated enamel pattern. The main cuspids of cheek teeth are heavily worn horizontally, suggesting a high specialization for leaf eating. The distinctive lower tooth morphology of P. baikalicus differs from those of other fossil lesser pandas discovered from Europe and North America and from those of modern species, suggesting that the morphology found in P. baikalicus is derived in the Ailuridae.

NOV/10/2009

Copyright(C) 2009 PRI ().