ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Sexual Dimorphism in Facial Shapes and Their Discrimination in Japanese Monkeys (Macaca fuscata)

Reiko Koba, Akihiro Izumi, Katsuki Nakamura

ニホンザルを対象に、同種対個体の顔写真による性弁別を検討した。まず、顔の形や、目や鼻などのサイズを計測し、性差を調べた。その結果、顎や鼻はメスよりもオスの方が長く、上顎や顔上部の輪郭に性差がみられた。次に、オペラント条件付けを2頭のニホンザルを対象におこなったところ、顔写真から性弁別が可能であることが示された。さらに、画像計測から得られた顔の形態的特徴が、性弁別の手掛りとなっているか、モーフィング刺激を用いて検討した。オス顔をメスの形態へと変形させたところ、オス反応率が下がり、顔の形態情報が性弁別の手掛りとして用いられている可能性が示唆された

Journal of Comparative Psychology, 123: 326-333, 2009

The authors examined the ability of Japanese monkeys (Macaca fuscata) to discriminate between sexes based on facial features. The shape and position of facial features (facial morphology) were measured to quantify the differences between sexes. The distance between the chin and nose was longer in males than females, and the outline of the face around the upper jaw and upper face differed between sexes. Using operant conditioning, 2 monkeys succeeded in discriminating sex based on facial pictures. Furthermore, they successfully generalized the discrimination to novel pictures of faces. Tests with morphed pictures of faces revealed that the monkeys used facial morphology to discriminate between males and females. Our results suggest that Japanese monkeys have sexual dimorphism in facial shape and they can use the morphological differences to discriminate conspecific sex.

NOV/25/2009

Copyright(C) 2009 PRI ().