ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Brain activity in an awake chimpanzee in response to the sound of her own name

Ari Ueno, Satoshi Hirata, Kohki Fuwa, Keiko Sugama, Kiyo Kusunoki, Goh Matsuda, Hirokata Fukushima, Kazuo Hiraki, Masaki Tomonaga and Toshikazu Hasegawa

チンパンジーは自分の名前がわかる─事象関連電位からの証拠

林原類人猿研究センター(岡山県玉野市)のチンパンジー・ミズキを研究協力者として、自分の名前に対する覚醒下での彼女の事象関連電位を測定した。自分の名前、同じグループの他個体の名前、そして未知個体の名前などを聴覚刺激として提示したところ、Ncと呼ばれる成分の潜時が自己の名前のときのみ有意に変化した。この変化はヒトにおいても見られるものであり、ミズキが自分の名前を他とは異なる形で処理していることを強く示唆するものである。 本報告はscienceNOWでも紹介されています。 http://sciencenow.sciencemag.org/science-shots/

Biology Letters, http://dx.doi.org/10.1098/rsbl.2009.0864

The brain activity of a fully awake chimpanzee being presented with her name was investigated. Event-related potentials (ERPs) were measured for each of the following auditory stimuli: the vocal sound of the subject's own name (SON), the vocal sound of a familiar name of another group member, the vocal sound of an unfamiliar name and a non-vocal sound. Some differences in ERP waveforms were detected between kinds of stimuli at latencies at which P3 and Nc components are typically observed in humans. Following stimulus onset, an Nc-like negative shift at approximately 500 ms latency was observed, particularly in response to SON. Such specific ERP patterns suggest that the chimpanzee processes her name differently from other sounds.

DEC/21/2009

Copyright(C) 2009 PRI ().