ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Gene expression profiles in the common marmoset brain determined using a newly developed common marmoset-specific DNA microarray

Toshifumi Fukuoka, Kayo Sumida, Toru Yamada, Chihiro Higuchi, Keiko Nakagaki, Katsuki Nakamura, Shinichi Kohsaka, Koichi Saito, Kenji Oeda

マーモセットの脳内の遺伝子発現を、住友化学と大日本住友製薬が独自に開発したDNAマイクロアレイを用いて調べた。本実験では、前頭連合野・海馬・扁桃核・小脳の遺伝子発現を比較した。前頭連合野・海馬・扁桃核では発現パターンが似ていたのに対し、小脳はユニークなパターンを示すことが分かった。今後の脳科学研究・発達研究等においてこのDNAマイクロアレイは非常に有用であると考えられる。 住友化学・大日本住友製薬・国立精神・神経センターの共同研究

Neuroscience Research 66: 62-85, 2010

To facilitate common marmoset brain research, we produced a DNA microarray with 7557 probe sets derived from the common marmoset brain. Gene expression profiles in the frontal lobe, hippocampus, cerebellum and amygdaloid nucleus were then analyzed and the top 100 probe sets expressed in each structure were compared. The three lists for the frontal lobe, hippocampus and amygdaloid nucleus were very similar but the probe sets for the cerebellum demonstrated specific differences. Some of the genes specifically expressed in cerebellum were analyzed by real-time quantitative PCR to verify the DNA microarray results. Of examined genes, 5 showed extremely strong expression in cerebellum in comparison with the other structures. The results of real-time quantitative PCR were well consistent with the microarray findings, validating our newly developed DNA microarray as a useful tool for brain research with the common marmoset.

JAN/26/2010

Copyright(C) 2010 PRI ().