ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Visual Search for Human Gaze Direction by a Chimpanzee (Pan troglodytes)

Masaki Tomonaga & Tomoko Imura

人では自分の方に向けられた視線の方がそうでない視線よりも見つけやすいことが知られている。このような効果は"Stare in the crowd"(誰かが私を見つめてる)効果と呼ばれている。このような現象が人とは異なる目の形態(強膜が白くない)を持つチンパンジーでも見られるのだろうか。人の顔写真を用いた視覚探索課題で検討した。その結果、1個体ではあるがチンパンジーにおいても自分の方に向けられた視線の方が検出が容易であることが明らかとなった。ただし、倒立提示などでもこの効果は維持されるという特徴が認められた。また、チンパンジーによる人の視線の弁別は人による弁別と同様の「充血錯視効果」や「ボガート錯視効果」などの虹彩と強膜の明るさの対比および極性が手がかりとなっていることが示唆されたが、顔向きによって定義される視線弁別には般化しなかったことから、「目が合っている−合っていない」というカテゴリカルな弁別がなされていたわけではないことが示唆された。本研究は科学研究費補助金、21世紀COEプログラムおよびグローバルCOEプログラムのサポートを受けて行われた。

PLoS ONE 5(2): e9131. doi:10.1371/ journal.pone.0009131

Background: Humans detect faces with direct gazes among those with averted gazes more efficiently than they detect faces with averted gazes among those with direct gazes. We examined whether this "stare-in-the-crowd" effect occurs in chimpanzees (Pan troglodytes), whose eye morphology differs from that of humans (i.e., low-contrast eyes, dark sclera). Methodology/Principal Findings: An adult female chimpanzee was trained to search for an odd-item target (front view of a human face) among distractors that differed from the target only with respect to the direction of the eye gaze. During visualsearch testing, she performed more efficiently when the target was a direct-gaze face than when it was an averted-gaze face. This direct-gaze superiority was maintained when the faces were inverted and when parts of the face were scrambled. Subsequent tests revealed that gaze perception in the chimpanzee was controlled by the contrast between iris and sclera, as in humans, but that the chimpanzee attended only to the position of the iris in the eye, irrespective of head direction. Conclusion/Significance: These results suggest that the chimpanzee can discriminate among human gaze directions and are more sensitive to direct gazes. However, limitations in the perception of human gaze by the chimpanzee are suggested by her inability to completely transfer her performance to faces showing a three-quarter view.

FEB/12/2010

Copyright(C) 2010 PRI ().