ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Asymmetric perception of radial expansion/contraction in Japanese macaque (Macaca fuscata) infants.

Shirai, N. Imura, T., Hattori, Y., Adachi, I., Ichihara, S., Kanazawa, S., Yamaguchi, M. K., & Tomonaga, M.

視覚的な放射運動(拡大・縮小)パタンは適応的な行動を制御する上で重要である。 本研究ではニホンザルの乳児の放射運動知覚をヒトの乳児と同様の手続きで調べた。 その結果、縮小運動パタンに比べ拡大運動パタンに対してより大きな選好が認められた。 このような傾向はヒトの乳児で見られた「拡大運動バイアス」と類似している。 したがって、非対称な放射運動情報処理は霊長類に共通する基本的な視覚機能であり、 生後初期に発現することが明らかになった。 なお、本研究は共同利用研究として実施された。

Experimental Brain Research, (2010) 202, 319–325.

Visual radial expansion/contraction motion provides important visual information that is used to control several adaptive actions. We investigated radial motion perception in infant Japanese macaque monkeys using an experimental procedure previously developed for human infants. We found that the infant monkeys’ visual preference for the radial expansion pattern was greater than that for the radial contraction pattern. This trend towards an ‘‘expansion bias’’ is similar to that observed in human infants. These results suggest that asymmetrical radial motion processing is a basic visual function common to primates, and that it emerges early in life.

APR/06/2010

Copyright(C) 2010 PRI ().