ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

The influence of kin relationship and reciprocal context on chimpanzees' other-regarding preferences.

Yamamoto, S., & Tanaka, M.

ヒトは、互恵性を支える重要な心理メカニズムとして、他者の利益に対する感受性や不公平感を持っている。チンパンジーではどうなのだろうか。本研究では、チンパンジーに利己的選択肢(自分だけに報酬)と相利的選択肢(自分と相手に報酬)を与え、どちらを選んでも自分への報酬が変わらない場面で、相手に報酬を与えるかどうかを調べた。チンパンジー計10組を対象に、隣に相手がいる条件といない条件で比較したが、2条件間で相利的選択肢を選ぶ割合に有意差はみられなかった。これは、相手が血縁個体であっても非血縁個体であっても同じだった。また、互恵的な文脈を導入、つまり2個体が交互に選択をおこなう場面を導入しても、相利的選択肢への選好性は増加しなかった。自分自身への報酬量が変わらないときには、たとえ相手が血縁個体であっても、互恵的文脈が付与されても、チンパンジーは相手個体への報酬に関心を払わないのかもしれない。2個体が完全に分離されていたことも結果に影響したと考えられる。チンパンジーの向社会性には、血縁関係や互恵的文脈よりも直接的な社会交渉が重要であることが示唆された。自発的あるいは戦略的に他者を利する行動は共通祖先からわかれたあと、ヒトで独自に進化した可能性がある。

Animal Behaviour, 79 (3), 595-602

We investigated the evolutionary origin of other-regarding preferences, one of the strong underlying motivations for altruism, in the chimpanzee (Pan troglodytes). Although altruism is expected theoretically to be kin-biased and frequent in a reciprocal context, few experimental studies to date have specifically tested these hypotheses from the viewpoint of proximate mechanisms. We examined chimpanzee’s other-regarding preferences in mother-offspring pairs as well as non-kin adult pairs in both reciprocal and non-reciprocal contexts. Based on the previously established choice paradigm with mutually or selfishly beneficial options, we developed a novel task using buttons. In experiment 1, chimpanzee participants involving three mother-offspring pairs were offered two options: delivering food rewards to their partner and themselves or only to themselves. We compared their choices between partner-present and partner-absent conditions. In experiment 2, we developed a reciprocal context in which the two participants alternately chose the two options. In contrast to the theoretical predictions, the chimpanzees did not show any prosocial tendencies even between mother and offspring or in a reciprocal context. We propose that the experimental setup which prevented direct interactions between the participants might have influenced these results. In conclusion, the present study suggests that voluntary and/or strategic other-rewarding behaviour arose in humans after divergence from the common ancestor of humans and chimpanzees.

APR/15/2010

Copyright(C) 2010 PRI ().