JAPANESE TOP Message from the Director Information Faculty list Research Projects International Conference Entrance Exam Visitors Publication Job Vacancy International Partnerships Links Access HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama
TOPICS
BONOBO Chimpanzee "Ai" Crania photos Itani Jun'ichiro archives Guidelines for Care and Use of Nonhuman Primates(pdf) Study material catalogue/database Guideline for field research of non-human primates Primate Genome DB

Primate Research Institute, Kyoto University
Inuyama, Aichi 484-8506, JAPAN
TEL. +81-568-63-0567
(Administrative Office)
FAX. +81-568-63-0085

Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


Contact

ビリヤ(ボノボ)研究の現状と未来

 日本人研究者による野生ビリヤ(ボノボ)研究は、1972、73年の西田教授による予備調査、1973年の加納教授による広域調査を出発点とし、30年近くにわたって継続的に行われてきました。このたび加納教授が退官を迎えるのを機に、これまでの野生ビリヤの研究によって得られた成果を総括し、今後の展開を考える研究会を企画しました。この研究会では、ビリヤの野外研究に関わってきた人たちが一堂に会することで、ビリヤの過去、現在、そして未来を議論したいと考えています。  (ビリヤ(ボノボ)のホームページへ)

日時:2001年3月17日(土)
場所:京都大学霊長類研究所 大会議室 (交通案内)


午前の部     司会  上原重男
9:30-10:00  西田利貞     ビリヤ研究−事始めの頃
10:00-10:30  Jef Dupain  Time budget and diet of Pan paniscus in the wild and in a captive population
10:30-11:00  黒田末寿     ロッキング・ジェスチャー:COME!の見直し
11:00-11:30  榎本知郎     遊び・性・行動の意味論

午後の部     司会  五百部裕
12:30-13:00  古市剛史     ボノボのメスはなぜ消極的?−発情期間と性行動の再検討
13:00-13:30  橋本千絵     ボノボの性行動と集団間移籍
13:30-14:00  伊谷原一     ボノボの集団間関係
14:00-14:30  総合討論
コメンテーター:加納隆至、田代靖子

事前の申し込み、参加費は不要です。
  事務局 TEL: 0568-63-0545(社会構造分野事務室)

尚、本研究会終了後、会場を移し、
加納隆至教授 退官記念講演、退官記念祝賀会を行います。
2001年3月17日(土) 15:30〜20:30
於:犬山国際観光センター“フロイデ”
(犬山駅より徒歩3分、霊長類研究所より徒歩15分)
お問い合わせ TEL: 0568-63-0545(京都大学霊長類研究所 社会構造分野事務室)


Home へ