JAPANESE TOP Message from the Director Information Faculty list Research Projects International Conference Entrance Exam Visitors Publication Job Vacancy International Partnerships Links Access HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama
TOPICS
BONOBO Chimpanzee "Ai" Crania photos Itani Jun'ichiro archives Guidelines for Care and Use of Nonhuman Primates(pdf) Study material catalogue/database Guideline for field research of non-human primates Primate Genome DB

Primate Research Institute, Kyoto University
Inuyama, Aichi 484-8506, JAPAN
TEL. +81-568-63-0567
(Administrative Office)
FAX. +81-568-63-0085

Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


Contact

京都大学霊長類研究所 2006 年度共同利用研究会

自己と他者を理解する 
━比較認知発達的アプローチ━

日時: 2006 年8 月30 日(水)〜8 月31 日(木)
場所: 京都大学霊長類研究所大会議室

プログラム、ポスターセッション、要旨集(最終版) PDF


プログラム

8/30( 水)  
12:00  受付開始
セッション1 司会:友永雅己
13:00-13:40 木下孝司 (神戸大・発達科学)
  『1 歳児における自他関係の成立と“心の理解”の始まり』
13:40-14:20 松井智子 (京都大・霊長研)
『知識の呪縛(Curse of Knowledge) と他者理解』
14:20-15:00 大井 学 (金沢大・教育)
  『高機能自閉症・アスペルガー症候群をもつ子どもの語用障害に対する対人的補償』
15:00-15:40  神尾陽子 (国立精神・神経センター)
『自閉症の1 次障害は存在するのか:こころの理論障害仮説の功罪』
15:40-17:10 ポスターセッション
セッション2  司会:田中正之
17:10-17:50 赤木和重 (三重大・教育)
  『チンパンジーの社会的参照行動からみる自他理解の発達』
17:50-18:30 平田聡 (林原類人猿センター)
『チンパンジーにおける自己映像の理解』
19:00 懇親会

8/31( 木)   
9:00-  受付開始
セッション3
<Young Talk>
司会:松井智子
9:30-10:00 森口佑介(京都大・文)
  『他者理解が幼児の行動制御に与える影響』
10:00-10:30  平井真洋(生理学研・学振PD) 
『他者行為知覚処理の神経基盤:事象関連電位計測による検討』
10:30-11:00 三浦優生(京都大・霊長研)
  『幼児による話者の信頼性判断の発達』
11:00-11:15 休憩
11:15-11:45 実藤和佳子(九州大・人間環境)
  『ヒト乳児における他者理解の発達:「自分に似た他者」検出が果たす役割』
11:45-12:15  田中優子(科学技術振興機構・社会技術システム)
『自閉症者の指示詞使用からみた他者理解』
1215-1330  昼食&ポスターセッション
セッション4 司会:田中正之
1330-1410 嶋田総太郎(明治大・理工)
  『自己/他者身体の脳内表現』
1410-1450 佐藤 徳(富山大・人間発達科学)
『アクションにおける自己知覚』
1450-1530 村田 哲(近畿大・医)
  『ミラーニューロンと自他区別の神経機構』
1530-1545 休憩
1545-1630 総合討論 司会:松井智子、友永雅己
  指定討論者:板倉昭二(京都大・文)
 

問い合わせ先:友永雅己()