ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

 

共同利用研究会

第40回ホミニゼーション研究会
「ドーパミンの役割:運動機能から高次機能へ」

 

日時:平成24年3月15日(木)・16日(金)
場所:霊長類研究所大会議室


3月15日(木)

13:30−13:35 Opening remarks 松本 正幸(京大霊長研)

13:35−14:20 橘 吉寿(生理学研究所)
『The ventral pallidum encodes expected reward value of future action』

14:20−15:05 伊藤 真(沖縄科学技術大学院大学)
『報酬に基づく意思決定のアルゴリズムと線状体の情報表現』

15:05−15:20 Coffee break

15:20−16:05 井上 謙一(京大霊長研)
『霊長類における黒質ドーパミンニューロン選択的な遺伝子導入』

16:05−16:50 疋田 貴俊(京大医学研究科)
『報酬・忌避行動における大脳基底核神経回路機構』

16:50−17:35 木村 幸太郎(阪大理学研究科)
『線虫の匂い忌避学習を制御するドーパミンの作用メカニズム』

18:00− 懇親会


3月16日(金)

9:15−10:00 松本 正幸(京大霊長研)
『報酬・嫌悪刺激に関連した中脳ドーパミン細胞の活動とその機能的役割』

10:00−10:45 榎本 一紀(玉川大脳科学研究所)
『サル中脳ドーパミン細胞による,異なった時間スケールでの将来報酬の価値と誤差表現』

10:45−11:00 Coffee break

11:00−11:45 松田 和郎(滋賀医大医学部)
『中脳ドーパミン細胞の形態と考察:パーキンソン病の発症に関与する神経基盤』

11:45−12:30 南本 敬史(放射線医学総合研究所)
『ドーパミンとモチベーション:動機付け制御とその障害から見えてきたこと』

12:30−12:35 Closing remarks 高田 昌彦(京大霊長研)