ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 2010年度 シンポジウム・研究会 > 第11回ニホンザル研究セミナー・プログラム 最終更新日:2010年5月28日

第11回ニホンザル研究セミナー

プログラム

時間、順序については、変更することがあります。ご了承下さい。
タイトルをクリックするとアブストラクトへジャンプします。

6月5日(土)

12:58〜13:00 挨拶 半谷 吾郎(京都大学 霊長類研究所)
座長:半谷 吾郎(京都大学 霊長類研究所)
13:00〜14:00 山田 彩(農業・食品産業技術総合研究機構近畿中国四国農業研究センター)
ニホンザル猿害群の土地利用と遊動様式
14:00〜15:00 望月 翔太(新潟大学大学院)
ニホンザルの生息適地推定 -1978年から2007年における29年間の変化-
コメンテータ:David Sprague(農業環境技術研究所)
15:00〜15:15 休憩
座長:辻 大和(京都大学 霊長類研究所)
15:15〜16:15 郷 もえ(京都大学霊長類研究所)
グエノンの行動域利用と混群形成
16:15〜17:15 谷口 晴香(京都大学大学院 理学研究科)
下北半島のニホンザルにおける母親の採食品目がアカンボウの採食行動に与える影響
コメンテータ:半谷 吾郎(京都大学霊長類研究所)
17:15〜18:00 ポスター発表
18:00〜20:15 懇親会(所内にて、参加費:2000円)

6月6日(日)

座長:井上 英治(京都大学大学院理学研究科人類進化論研究室)
09:00〜10:00 大西 賢治(大阪大学大学院 人間科学研究科 比較発達心理学研究分野)
母子が離れた場面におけるニホンザル母子の相互交渉
10:00〜11:00 矢野 航(京都大学大学院 理学研究科)
ニホンザル2亜種の胎児期における頭蓋顔面形態の成長
11:00〜11:45 中川 尚史(京都大学大学院理学研究科人類進化論研究室)
ニホンザルにおける社会構造の種内変異:理論編
11:45〜12:30 山田一憲・井上-村山美穂(京都大学野生動物研究センター)
ニホンザルにおける社会構造の種内変異:実践編

ポスター発表

P-1 菅谷和沙(神戸学院大学)
ヤクシマザルのアカンボウ期における音声使用
P-2 奥村忠誠・清水庸・大政謙次(東京大学大学院農学生命科学研究科)
ニホンザルの分布拡大に影響を与える要因の推定
P-3 鋤納有実子・大西 賢治・中道 正之(大阪大学大学院人間科学研究科)
餌付け集団の1歳齢子ザルにおける母の子育てスタイルと子の社会的相互交渉
P-4 上野将敬・中道正之(大阪大学大学院人間科学研究科)
勝山ニホンザル集団における毛づくろいの催促に対する反応
P-5 吉田 洋(山梨県環境科学研究所・研究員
サル追払い時におけるモンキードッグの移動追跡
P-6 辻 大和・和田一雄・渡邊邦夫(京都大学霊長類研究所)
ニホンザルの食性の把握:既存資料を用いたアプローチ
P-7 鈴木南美・菅原亨・松井淳・郷康広・平井啓久・今井啓雄(京都大学霊長類研究所)
苦味受容体遺伝子の多型解析による味覚変異ニホンザルの発見

(氏名の後の名称は、研究を行った所属機関、または現在の所属機関です)

▲このページの最初に戻る

京都大学霊長類研究所  > 2010年度 シンポジウム・研究会  > 第11回ニホンザル研究セミナー・プログラム

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 半谷 吾郎
E-mail:メールアドレス