ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

行動発現分野

三上章允・櫻井芳雄1)

〈研究概要〉

A) 運動視における方向判断に関与する脳内機構の研究

三上章允・井上雅仁2)・長谷川良平3)

運動する物体の運動方向を視覚的に判断するときに働く脳内の機構をPET計測によって調べ、運動視の知覚で働く部位と同じ上側頭溝後部の活動部位が働くことを示した。

B) 視覚誘導性急速眼球運動に関与する脳内機構の研究

三上章允・井上雅仁

視覚誘導性急速眼球運動をPET計測によって調べ、頭頂連合野、前頭連合野の活動部位を同定した。

C) 形態情報と運動情報の総合過程に関与する局所回路の研究

三上章允・田中祐介4)

形態情報と運動情報の総合に関与する神経回路を複数ニューロンの同時記録によって解析した。

D) 前頭葉障害患者の機能テスト

三上章允・久保田競5)

前頭葉に障害のある患者さんで、様々な前頭葉機能をテストし、障害部位と各種機能障害との関係を解析した。

E) 時間情報の知覚と保持に関わる動的神経回路の解明

櫻井芳雄・三上章允

刺激自体ではなくそこに内在する時間情報を記憶し処理する際の動的神経回路(セルアセンブリ)の解明を目指す。記憶課題を設定し,行動訓練を進めた。

F) 動的神経回路の検出・解析法の構築

櫻井芳雄・三上章允

様々な記憶課題遂行中の多数ニューロン活動や小ニューロン群の集合的活動を,脳の広範囲から安定して記録し解析するための方法や理論的モデルについて開発した。

G) 順序情報の情報処理機構の研究

井上雅仁・櫻井芳雄・三上章允

順序情報の脳内処理機構の解明のための学習課題を開発し、行動実験を行った。

H) 空間位置の短期記憶で働く脳内部位の同定

井上雅仁・三上章允

空間位置の記憶で働く部位をPET計測でマッピングした。

I) 行動選択過程に関与する前頭連合野のニューロン活動

長谷川良平・加藤まどか4)・三上章允

行動の選択に関与する脳内機構を調べるために遅延視覚探索課題を遂行中のサルの前頭連合野から単一ニューロン活動を記録・解析した。

J) 空間位置の短期記憶にもとづくリーチング運動の発現機構の解明

山根 到4)・三上章允

空間位置見本合わせ課題をしているサルの運動前野からの記憶の保持や運動に関するニューロン活動を記録し、運動前野が短期記憶にもとづいて運動を選択していることを明らかにした。

K) 視覚系における異種情報の統合処理過程

田仲祐介・小山哲男6)・三上章允

側頭連合野の形態視の処理へ運動視の情報が、どのように関与しているかを調べるために、視覚弁別課題遂行中のサル上側頭溝上部の神経細胞活動を記録し、単一の細胞でこの統合過程が成立していないことを示した。

L) 痛みの判断の脳内機構の解明 

小山哲男・田仲祐介・三上章允 

サル帯状回において痛みの予期に反応する神経細胞を特定し、それらの侵害受容特性を研究した。

M) 想起にもとづく刺激選択に関与する前頭連合野の活動

加藤まどか・長谷川良平・三上章允

遅延つき対連合課題遂行中のサルから単一神経細胞活動を記録し、前頭連合野下膨隆部が想起された視覚イメージの保持と、想起にもとづく選択課程に関与することを示した.

〈研究業績〉

論文

−英文−

1) Kodaka, Y., Mikami, A. and Kubota K. (1997) Neuronal activity in the frontal eye field of the monkey is modulated while attention is focused on to a stimulus in the peripheral visual field, irrespective of eye movement. Neuroscience Research 28:291-298.

2) Shimodozono, M., Mikami, A. and Kubota, K. (1997) Visual receptive fields and movement fields of visuomovement neurons in the monkey premotor cortex obtained during a visually guided reaching task. Neuroscience Research 29:55-71.

3) Sakurai, Y. (1998) The search for cell assemblies in the working brain. Behav. Brain Res. 91:1-13.

4) Hasegawa, R., Sawaguchi, T., and Kubota, K. (1998) Monkey prefrontal neuronal activity coding the forthcoming saccade in an oculomotor delayed matching-to-sample task. J. Neurophysiol. 79: 322-333.

総説

―英文―

1) Mikami, A. (1997) Object vision in the temporal association cortex, In: The association cortices: structure and function. (ed. by Sakata, H., Mikami, A. and Fuster, J.). Harwood Academic Pub., Amsterdam, The Netherlands, pp. 281-294.

2) Mikami, A. (1997) :Possible neurophy-siological basis of visual, auditory and somatosensory images seen in the Shamanism. In:Animism and Shamanism in the North. (ed. by Irimoto, T.). Hokkaido Uiversity Press, Sapporo, pp. 287-295.

―和文―

1) 三上章允 (1997) 分散する意識・分散する記憶. 最新脳科学 pp. 206ー215.

2) 三上章允 (1997) 物体認知. 生物物理 211: 116-120.

3) 櫻井芳雄 (1997) 記憶情報処理と海馬体ニューロン活動. 臨床科学 33: 1626-1635.

4) 櫻井芳雄 (1998) スパイク相関解析法. 医学のあゆみ 184: 607-612.

5) 櫻井芳雄 (1998) 脳神経科学の研究法・電気的活動記録法. 新生理心理学 1: 62-65.

報告・その他

―和文―

1) 三上章允 (1997) 側頭葉疾患でmacropsia, micropsiaは何故おこるのか. CLINICAL NEUROSCIENCE 15: 121.

2) 櫻井芳雄 (1997) 記憶情報処理とダイナミックな神経回路. 信学技報 96: 123-130.

3) 櫻井芳雄 (1997) 記憶情報処理と動的ニューロン回路. 物性研究 68: 549-558.

学会発表等

―英文―

1) Mikami, A. (1997) Object vision in the temporal association cortex. ATR Symposium on Face and Object Recognition (Apr. 1997, Nara). Abst pp. 5-6.

2) Mikami, A., Ando, I., Inoue, M., Hasegawa, R., Tsukada, H., Newsome, W.T., and Petersen, S.E. (1997) Functional mapping of the macaque brain during perception of visual motion. (Mar. 1997, Hamamatsu). Jap. J. Physiol. Sup. 2: S148.

3) Mikami, A., Ando, I., Inoue, M. and Tsukada, H. (1997) Functional mapping of the macaque brain region related to saccade eye movement. (Jul. 1997, Sendai). Neurosci. Res. Sup. 21 : S205.

4) Mikami, A. (1997) Functional role of synchronous neuronal activity in the brain. (Jul. 1997, Sendai). Neurosci. Res. Sup. 21 : S9.

5) Mikami, A., Ando, I., Inoue, M., Tsukada, H., DeAngelis, G.C., Miezin, F.M., Newsome, W.T. and Petersen, S. E. (1997) PET assesment of brain activation in maqaque monkeys performing a visual direction discrimination task. (Oct. 1997, New Orleans, USA). Neurosci. Abst. p. 458.

6) Mikami, A. (1998). Neural representation of visual objects in the temporal cortex. (Mar. 1998, Sendai). DAIPS, Proceedings pp.107-112.

7) Sakurai, Y. (1997) How do the hippocampal cell assemblies encode different memory processes? 神経科学学会第20回大会 (Jul. 1997, Sendai). 発表抄録集 p. 38.

8) Sakurai, Y. (1997) Cell-assembly coding in several memory porcesses. Sixth Conference on the Neurobiology of Learning and Memory. (Oct. 1997, Irvine, USA).

9) Sakurai, Y. (1997) What are we looking for in multiple neuronal activities? Satellite Workshop "Multineuron Recording: Its Future Perspectives in the Study of Higher Brain Function" (Oct. 1997, Fuji-yoshida).

10) Sakurai, Y. (1998) Is cell-assembly coding a general principle of memory processing in the brain? The 2nd R.I.E.C. International Symposium on Design and Architecture of Information Processing Systems Based on the Brain Information Principles (Mar. 1998, Sendai). Proceedings pp. 67-72.

11) Tanaka, Y., Koyama, T., and Mikami, A. (1997) Neurons in the temporal cortex change preferred direction by form. (Jul. 1997, Sendai) Neurosci. Res. Sup. 21: 1614.

12) Suzuki, T., Mikami, A. Okawa, A., Kajiura, I. and Kubota, K. (1997) New trial by means of the computer controlled system to analyse the dysfunction of prefrontal lobe of chronic stroke patients with the lesion on findings of their MRI or CT. 8th World Congress of the International Rehabilitation Medicine Association (Aug.-Sep. 1997, Kyoto). 8th World Cong. of the Int. Rehabilitation Med. Assoc. Abst.

―和文―

1) 櫻井芳雄 (1997) マルチニューロン活動記録が目指すもの - 記憶課題を例として -. 生理学研究所共同利用研究会「マルチニューロン活動と脳内情報処理」(1997年6月, 岡崎)

2) 櫻井芳雄 (1997) ニューロン集団による情報表現. 第27回新潟神経学夏期セミナー(1997年7月, 新潟).

3) 櫻井芳雄 (1997) マルチニューロンレコーディングによる記憶の研究. 第6回海馬と高次機能学会(1997年12月, 岡崎).

4) 長谷川良平、加藤まどか、三上章允 (1997) 遅延視覚探索課題遂行中の行動解析. 第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月, 札幌). 霊長類研究 13:284.

5) 長谷川良平、加藤まどか、三上章允 (1997) アカゲザルにおける遅延視覚探索動. 第44回中部日本生理学会 (1997年10月, 岡崎). 日本生理学雑誌 59: 102.

6) 加藤まどか、長谷川良平、三上章允 (1997) アカゲザルの記憶の符号化. 第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月, 札幌). 霊長類研究 13 (3): 267.

7) 加藤まどか、長谷川良平、三上章允 (1998) 想起にもとづく刺激選択に関与するサル外側前頭連合野のニューロン活動. 日本生理学会 (1998年3月, 金沢) . 第75回日本生理学会大会予稿集 60: 80.

8) 林克樹、淵雅子、松崎哲治、山下貴史、浅海岩生、三上章允 (1997) 前頭葉機能に関連した評価の試み. 日本作業療法学会(1997年6月、長岡). 作業療法 16: 104.

9) 淵雅子、林克樹、松崎哲治、山下貴史、浅海岩生、三上章允 (1997) コンピューターによる前頭葉検査の試み(第1報). 日本作業療法学会(1997年6月、長岡). 作業療法 16: 103.

霊長類研究所ホームページに戻る