ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

分子生理研究部門

遺伝子情報分野

竹中 修・景山 節・中村 伸・浅岡一雄

〈研究概要〉

A) DNA分析による霊長類の系統解析

竹中 修・リナ・H・スティヤジ 1)・

アナ・カリナ・ザバラグレン 2)・川本咲江 3)

   ミトコンドリアDNAには進化速度を異にする領域があり、群内の個体差の検出から種間系統関係まで、対象の霊長類のどの側面を解析するかにより使い分けることが可能である。チトクロームb遺伝子、D−Loopの塩基配列比較によるスラウェシマカク7種およびブタオザル、さらにチンパンジーの亜種間の系統関係の解析を進めている。また中部スラウェシのトンケアナとヘッキの雑種形成地帯の計7群の試料について、ミトコンドリアD−Loop領域のPCR増幅一本鎖DNA調製法による塩基配列決定配列決決定比較を開始した。

B) 霊長類Y染色体DNAの進化

ユー・スンスク 2)・竹中 修

   高等霊長類特にホミノイドの各種はその繁殖構造に差異があり、性的二型、造精能力も様々である。そこでY染色体DNAに注目し分析を行ってきた。ニホンザルの発達加齢および繁殖期と非繁殖期における精巣特異発現遺伝子(mRNA)を、同一個体のバイオプシーとディファレンシャルディスプレイ法により検討している。3才と31才の個体で多くの異なる発現遺伝子を観測した。それらの塩基配列の決定を行った。

C) アスパラギン酸プロテアーゼの構造・機能・進化

景山 節

   新世界ザルの5種 (ワタボウシタマリン、コモンマーモセット、ヨザル、フサオマキザル、リスザル) について胃粘膜からペプシノゲンを精製するとともに、mRNAからcDNAクローニングと塩基配列決定を進めた。ペプシノゲンはA型、C型、プロキモシンの3種類が同定され各々の酵素的性質と塩基配列が明らかになった。他の哺乳類では新生児にしか発現しないプロキモシンが新世界ザルでは成体で発現しておりこの酵素の新たな役割が推測された。

D) 霊長類の止血、免疫機構

中村 伸・許 禎壬 4)・平野 真 5)・山地健人 6)

   バイオメディカルな視点から霊長類の生体防御系 (特に、止血-凝固反応、免疫-IgE産生応答) に関する研究を展開している。組織因子 (Tissue Factor、TF) の新たな発現細胞として好中球での発現と、その炎症反応における役割を明らかにした(轟木秀一7)らとの共同)。TF-mRNA定量法として、competitive RT-PCR法を確立し、サル組織・臓器間でのTF遺伝子の発現特性を検討した(許)。また、TF遺伝子の新たな発現制御機構としてメチル化/脱メチル化に着目し、その解析を進めている(平野)。スギ花粉症の脱感作機序を検討するために、ニホンザルのスギ花粉症モデルを創出し、スギ花粉抗原T-細胞エピトープペプチドによる脱感作機序を調べた(山地)。

E) 霊長類モデルにおける遺伝子導入研究

中村 伸・光永総子 8)・平野 真 5)・清水慶子 9)

   今年度は、遺伝子生体導入担体 (ベクター) の安全性、有効性の評価系を確立する目的で、カニクザルでのリポソーム性ベクターの遺伝子導入効率や生体反応系への影響を検討した。また、サル用のP2レベル飼育実験室を整備し、ニホンザルやコモンマーモセットでのベクター実験も進めている(恵美宣彦・名大・医、今村隆寿・熊大・医らとも共同)。

F) 霊長類特異酵素の解析

浅岡一雄  

   マーモセットおよびニホンザルの薬物代謝酵素P450−2Dについて立体選択性をヒトと比較して研究した。P450−4Aについてはマカク間およびヒトとの比較を行った。環境物質のサルへの拡がりを知るため野生および飼育のニホンザルについてフタルサンエステルの取り込みを調査した。環境物質によるサルへの影響を調べるため薬物代謝酵素の誘導および組織像の解析を進めた。テロメラーゼについてマカクザルの各種組織の発現を解析した。尿酸酸化酵素とテロメアサイズについて類人猿やヒトを含め系統間の比較を行い、ヒトの独自性を見いだした。

〈研究業績〉

論文

−英文−

1) Asaoka, K., Sakamoto, Y. & Yano, K. (1999) Uptake of phthalate ester as an environmental chemicals in monkey. Journal of Health Science 45: 29.

2) Asaoka, K., Satoh, T. & Narita, A, (1999) Effects of 3-methylcholanthrene on monkey tissues. Journal of Health Science 45: 20.

3) Ayabe, T., Park, S. K., Naghama, H., Maruyama, H., Takenaka, O. & Hamada, Y. (1998) Site-directed mutagenesis and steady-state kinetic analysis of mutant enzymes of human Adenylate kinase. Biochemistry and Molecular Biology International 46: 673-680.

4) Cao, Y., Janke, A., Waddell, P. J., Westerman, M., Takenaka, O., Murata, S., Okada, N., Paabo S. & Hasegawa, M. (1998) Conflict among individual mitochondrial proteins in resolving the phylogeny of Eutherian orders. Journal of Molecular Evolution 47: 307-322.

5) Inoue-Murayama, M., Takenaka, O. & Murayama, Y. (1998) Origin and divergence of tandem repeats of primate D4 dopamine receptor genes. Primates 39: 217-224.

6) Kagawa, H., Komiyama, Y., Nakamura, S., Miyake, T., Miyazaki, Y., Hamamoto, K., Masuda, M., Takahashi, H., Nomura, S. & Fukuhara, S. (1998) Expression of Functional Tissue Factor on Small Vesicle of Lipopolysaccharide-stimulated Human Vascular Endothelial Cells. Thrombosis Research 91: 297-304.

7) Kageyama, T. (1998) Molecular cloning, expression and characterization of an Ascaris inhibitor for pepsin and cathepsin E. European Journal of Biochemistry 253: 804-809.

8) Kageyama, T., Tatematsu, M., Ichinose, M., Yahagi, N., Miki, K., Moriyama, A. & Yonezawa, S. (1998) Development-dependent expression of cathepsins D and E in various rat tissues, with special reference to the high expression of cathepsin E in fetal liver. Zoological Science 15: 517-523.

9) Malaiivijitnond, S. & Takenaka, O. (1998) Nucleotide sequences of Parathyroid gene in five species of macaque of Thailand. Journal of Science Research Chulalongkorn University 23: 135-142.

10) Malaiivijitnond, S., Takenaka, O., Sankai, T., Yoshida, T., Cho F. & Yoshikawa, Y. (1998) Effects of single and multiple injection of ketamine hydrochloride on serum hormone concentrations in male cynomolgusmonkeys. Laboratory Animal Science 48: 270-274.

11) Matsui, M., Tanaka-Ueno, T., Palk, N.-K., Yang, S.-Y. & Takenaka, O. (1998) Pylogenetic relationships among local populations of Rana dybowskii assessed by mitochondrial cytochrome b gene sequences. Japanese Journal of Herpetology 17: 145-151.

12) Matsumoto, Y., Kawai, Y., Watanabe, K., Sakai, K., Murata, M., Handa, M., Nakamura, S. & Ikeda, Y. (1998) Fluid Shear Stress Attenuates Tumor Necrosis Factor- Induced Tissue Factor Expression in Cultured Human Endothelial Cells. Blood 91: 4164-4172.

13) Nonaka, M., Nonaka, M., Takenaka, O., Okada N.& Okada, H. (1998) A new repetitive sequence uniquely present in the decay-accelerating factor genes. Immunogenetics 47: 246-255.

14) Shigemori, C., Wada, H., Matsumoto, K., Shiku, H., Nakamura, S. & Suzuki, H. (1998) Tissue Factor Expression and Metastic Potential of Colorectal Cancer. Thrombosis Haemostasis 80: 894-898.

15) Shimizu, K., Hashimoto, T., Harihara, S., Takenaka O. & Varavudhi, P. (1998) DNA polymorphism in theγ-ψβ1-β-globin gene region of the long-tailed macaque in comparison with those of the rhesus and Japanese macaques. Folia Primatologica 69: 397-399.

16) Sumiyama, K., Kawamura, S., Takenaka, O. & Ueda, S. (1998) A high sequence variety in the immunoglobulin Cα hinge region among old world monkeys. Anthropological Science 106: 31-39.

17) Tanaka-Ueno, T., Matsui, M., Chen, S.-L., Takenaka, O. & Ota, H. (1998) Phylogenetic relationships of brown frogs from Taiwan and Japan assessed by mitochondrial cytochrome b gene sequences (Rana: Ranidae). Zoological Science 15: 283-288.

18) Tanaka-Ueno, T., Matsui, M., Sato, T., Takenaka, S.& Takenaka, O. (1998) Local population differentiation and phylogenetic relationships of Russian brown frogs, Rana amurensis inferred by mitochondrial cytochrome b gene sequences (Amphibia, Ranidae). Japan Journal of Herpetology 17: 91-97.

19) Tanaka-Ueno, T., Matsui, M., Sato, T., Takenaka, S. & Takenaka, O. (1998) Phylogenetic relationships of brown frogs with 24 chromosomes from far east Russia and Hokkaido assessed by mitochondrial cytochrome b gene sequences (Rana: Ranidae) Zoological Science 15: 289-294.

20) Todoroki, T., Higure, A., Okamoto, K., Okazaki, K., Hirata, K., Y., Nagafuchi, Takeda, S., Itoh, H., Osato, K. & Nakamura, S. (1998) Possible Role of Platelet Activating Factor in the in vivo Expression of Tissue Factor in Neutrophils. Journal of Surgical Research 80: 149-155.

21) Wada, H., Mori, Y., Shimura, M., Hiyoyama, K., Loka, M., Nakasaki, T., Nishikawa, M., Nakano, M., Kumeda, K., Kaneko, T., Nakamura, S. & Shiku, H. (1998) Poor Outcome in Disseminated Intravascular Coagulation or Thrombotic Thrombocytopenic Purpura Patients with Sever Vascular Ebdothelial Cell Injuries. American Journal of Hematology 58:189-194.

22) Yasue, M., Nakamura, S., Yokota, T., Okudaira, H. & Okumura, Y. (1998) Exprimental Monkey Model Sensitized with Mite Antigen. International Archives of Allergy Immuunology 115: 303- 311.

23) Yonezawa, S., Masaki, S., Hanai, A., Ono, T., Sonta, S., Hirai, H., Ichinose, M., Miki, K., Takahashi, K. & Kageyama, T. (1998) Cathepsin E gene in mouse. Biomedical Research 19: 327-334.

総説

−和文−

1) 中村伸 (1998):血中組織因子の測定-m-TFの臨床的意義. 医学のあゆみ、別冊・血液疾患Ver.2: 346-348.

2) 中村伸 (1998):組織因子とVIIa因子の活性発現. 臨床医 24: 1062-1064.

3) 中村伸・轟木秀一 (1998):組織因子(D142)の構造と機能−最近の新展開. 医学のあゆみ、別冊・血液疾患 Ver. 2: 187-190.

報告・その他

−和文−

1) 平島豊・中村伸・遠藤俊朗・高久晃 (1998) くも膜下出血 (SAH) 後の脳血管攣縮と脳脊髄液 (CFS) 中組織因子の動態. 脳血管攣縮 13: 302-306.

2) 桝田緑・中村伸 (1998) Tissue Factorの受容体機能-培養単球におけるFcRγ鎖との会合. 第5回血液アゴラ pp. 61-67.

3) 中村伸 (1998).サルモデルでの新たなエンドトキシン応答-好中球での組織因子 (Tissue Factor) の発現と凝固反応亢進. エンドトキシン研究 1: 41-47.

学会発表

−英文−

1) Narimatsu, S., Yamamoto, S., Kobayashi, N., Horie, T., Ohmori, S., Kitada, M., Asaoka, K. & Satoh, T. (1998) Enantioselectivity of propranolol oxidation is different between humans and monkeys. 5th International ISSX meeting (1998年10月、Cairns, Australia). Abstract p. 58.

−和文−

1) 浅岡一雄 (1998) サル類の尿酸酸化酵素の性状. 第71回日本生化学会 (1998年10月、名古屋). 生化学 70: 797.

2) 浅岡一雄・佐藤哲男・成田成 (1998) サルの組織に及ぼす3ーメチルコラントレンの影響について. 第24回環境トキシコロジーシンポジウム第2回・衛生薬学フォーラム合同大会 (1998年10月、大阪). 講演要旨集 p.47.ファルマシア 34: 1030.

3) 浅岡一雄・坂本安・矢野一行(1998) サルにおける環境化学物質フタル酸エステルの取り込みについて. 第24回環境トキシコロジーシンポジウム第2回・衛生薬学フォーラム合同大会 (1998年10月、大阪). 講演要旨集 p. 63. ファルマシア 34: 1031.

4) 花井敦子・森山昭彦・河合洋子・景山節・正木茂夫・米澤敏 (1998) マウスミオシンXの組織分布・細胞分布. 第71回日本生化学会 (1998年10月、名古屋). 生化学 70: 791.

5) 日根智恵美・円城寺慶一・中村伸・神窪勇一・加藤久雄 (1998) サル肝臓におけるTissue Factor Pathway Inhibitorの発現機構. 第71回日本生化学会 (名古屋). 生化学 70: 783.

6) 今村隆寿・中村伸 (1998) アルザス反応サルモデルにおける好中球組織因子発現と線溶、第21回血栓止血学会 (1998年9月、富山). 血栓止血誌 9: 293.

7) 井上ー村山美穂・新美陽子・竹中修・村山裕一 (1998) テナガザルにおけるドーパミンD4受容体多型。第14回日本霊長類学会 (1998年6月、岡山). 霊長類研究14: 274.

8) 景山節・一瀬雅夫・三木一正・森山昭彦・河合洋子・成田裕一・米澤敏 (1998) ラット胎児型ペプシノゲンF、プロキモシンのクローニングと発達期における機能解析. 第69回日本動物学会 (1998年9月、広島). Zoological Science 15 (suppl.) : 44.

9) 景山節・一瀬雅夫・森山昭彦・米澤敏 (1998) 回虫カテプシンEインヒビターのクローニングと動物細胞での発現による機能解析. 第71回日本生化学会 (1998年10月、名古屋). 生化学 70: 822.

10) 菊池有純・中村伸・平井百合子・島田逸人・前田義久・相馬正幸・小川貴彦・伊藤孝史・平島豊 (1998) 体液 (脳髄液、尿、羊水、卵胞液、精液) 中の組織因子. 第21回血栓止血学会 (1998年9月、富山). 血栓止血誌 9: 293.

11) 中村伸 (1998) 組織因子による血栓形成機序、第37回日本ME学会 1998年6月、岡山). Japan Journal of Medical Engineering 36 (Supplement): 152.

12) 中村伸・村山裕一・向井鐐三郎 (1998) サルエイズ感染モデルにおける単球組織因子発現 (細胞性免疫応答) の選択的抑制、第14回日本霊長類学会(1998年6月、岡山). 霊長類研究 14: 255.

13) 成松鎮雄・丸尾剛・都築大輔・山本重雄・大森栄・北田光一・浅岡一雄・佐藤哲男 (1998) 霊長類肝による立体選択的薬物酸化反応:ヒトとサルの比較. 第71回日本生化学会 (1998年10月、名古屋). 生化学 70: 729.

14) 成松鎮雄・山本重雄・小林直子・堀江利治・浅岡一雄・佐藤哲男 (1998) Propranolol代謝に関与する霊長類肝CYP分子種. 第5回HAB協議会学術年会 (1998年5月、東京). 講演要旨集 p. 72.

15) 成田裕一・織田銑一・竹中修・景山節 (1998) ペプシノゲンの分子進化から推測された食虫目の位置づけ.第69回日本動物学会 (1998年9月、広島). Zoological Science 15 (Suppl.): 35.

16) 成田裕一・織田銑一・竹中修・景山節 (1998) 類人猿の系統におけるタンパク質分解酵素ペプシノゲンの多様化. 日本哺乳類学会1998年度大会 (1998年10月、富岡). 講演要旨集 p. 25.

17) 岡本好司・轟木秀一・日暮愛一郎・赤羽和久・北原光太郎・武田成彰・伊藤英明・大里敬一・中村伸 (1998) 汎発性腹膜炎における組織因子:その炎症局所での発現と腹水中濃度. 第21回血栓止血学会 (1998年9月、富山). 血栓止血誌9: 292.

18) 重森千香・和田英夫・中崎隆弘・松本好市・鈴木宏志・珠玖洋・中村伸 (1998) 大腸癌及び肝転移巣におけるTF発現の意義. 第60回日本血液学会 (1998年3月、大阪). International Journal of Hematology 67 (Suppl.): 260.

19) 角尾進吾・田原栄俊・浅岡一雄・井出利憲 (1998) 哺乳類組織のテロメラーゼ活性. 第57回日本癌学会 (1998年9-10月、横浜). Japan Journal of Cancer Research 88 (Suppl): 142.

20) 角尾進吾・浅岡一雄・井出利憲 (1998) 霊長類組織におけるテロメア・テロメラーゼ. 第20回日本分子生物学会年会 (1998年12月、京都). 講演要旨集 p. 687.

21) 武田成彰・永渕幸寿・轟木秀一・日暮愛一郎・岡本好司・伊藤英明・大里敬一・中村伸 (1998) 肝細胞癌切除組織中の組織因子 (TF) 発現の臨床・病理学的意義、第21回血栓止血学会 (1998年9月、富山). 血栓止血誌 9: 294.

22) 轟木秀一・中村伸・日暮愛一郎・岡本好司・赤羽和久・北原光太郎・伊藤英明・大里敬一 (1998) 炎症応答としての好中球Tissue Factor (TF)とその発現機構. 第21回血栓止血学会 (1998年9月、富山). 血栓止血誌 9: 291.

23) 山地健人・中村伸・常松雅子・永井博弌・大久保公裕・角尾肇 (1998) サル花粉症モデル:その作出および減感作作用ペプチドのin vitro反応性検討、第48回日本アレルギー学会 (1998年12月、神戸). アレルギー 47: 1058.

24) 山地健人・中村伸・常松雅子・角尾肇 (1998) 二ホンザル花粉症モデルの作出と減感作療法の試み、第14回日本霊長類学会 (1998年6月、岡山). 霊長類研究 14 : 256.

25) リナ・スティアジ・バンバン・スリョプ ロト・竹中修 (1998) スラウェシマカクの起源と進化。第14回日本霊長類学会 (1998年6月、岡山) 霊長類研究 14: 253.


年報目次

遺伝子情報分野紹介

霊長類研究所トップページ