ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > 2000年度 − III 研究活動 遺伝子情報分野

京都大学霊長類研究所 年報

Vol.31 2000年度の活動

III 研究活動

遺伝子情報分野

竹中修,平井啓久(兼任),中村伸,浅岡一雄

研究概要
A) DNA分析による霊長類の系統解析

竹中修,リナ・H・スティヤジ(日本学術振興会論博研究員),アナ・カリナ・ザバラグレン(大学院生),川本咲江(技術補佐員),堀尾由紀子(技術補佐員)

ミトコンドリアDNAには進化速度を異にする領域があり,群内の個体差の検出から種間系統関係まで,対象の霊長類のどの側面を解析するかにより使い分けることが可能である.チトクロームb遺伝子の塩基配列比較によるスラウェシマカク7種およびブタオザルの系統関係の解析を終え現在投稿中である.また中部スラウェシのトンケアナとヘッキの雑種形成地帯の計8群の試料について,ミトコンドリアD−Loop領域の塩基配列を決した.雑種地帯のタイプはヘッキであることが明らかとなったが詳細を解析中である.

また名古屋文理大学竹中晃子氏との共同研究で高脂血症のマカクについて脂質代謝の重要な因子LDLR,およびグロビン遺伝子領域に入り込んだプロセスト遺伝子P117について遺伝子解析を行った.

B)霊長類Y染色体DNAの進化

ユー・スンスク,竹中修

高等霊長類特にホミノイドの各種はその繁殖構造に差異があり,性的二型,造精能力も様々である.そこでY染色体DNAに注目し分析を行ってきた.ニホンザルの発達加齢,同一個体の繁殖期と非繁殖期にバイオプシーによって得た試料を用い精巣特異発現遺伝子(mRNA)をディファレンシャルディスプレイ法と塩基配列決定により検討し,細胞内でのタンパク質の構造形成や輸送との関係が考えられるタンパク質合成が精子形成と連動していることが明らかとなった.

C) 霊長類の染色体進化に関する研究

平井啓久

ヒト上科のテロメア配列の染色体上における局在部位をPRINS法を用いて調べた.シロテテナガザル種群以外は,全種においてC-バンド領域と強い親和性を示し,染色体の構造変化と相関があることが示唆された.一部を論文としてまとめた.

平井百合子(技術補佐員),平井啓久

オナガザル類のrDNAがゲノム内に分散しない意義を分析するため,rDNAのマッピングの種間比較を行った.rDNAの染色体内存在様式は他の分類群と異なり,セントロメア近傍のヘテロクロマチンとの結合がないことが,その理由であると推測した.

平井百合子,平井啓久,川本芳(集団遺伝分野)

ツパイの近縁2種Tupaia glis (2n=60)とTupaia belangeri (2n=62)の染色体におけるテロメア配列の分布パタンを比較した.そのパタンからロバートソン変異による染色体数の相違だけではなく,その他の構造変化が複雑に起こっていることが示唆された.

D) 霊長類の集団細胞遺伝学的研究

アナ・カリナ・ザバラグレン,平井百合子,平井啓久

ヒトのrDNA の局在部位に多型が存在することを発見した.調査した33人の内,16人が野生型で17人が変異型であった.変異はすべてのrDNA保有染色体で観察された.さらに,家系調査でその欠失変異は遺伝していることを確認した.

平井百合子,平井啓久,川本芳(集団遺伝分野)

継続中のニホンザルの染色体調査を行った.さらに,研究所放飼場アカゲザル集団の91個体における染色体変異調査も行った.ほとんどの個体がrDNA変異のヘテロ接合体であった.

E) 霊長類の止血,免疫機構

中村伸,許禎壬(大学院生),常松雅子(受託研究員)

バイオメディカルな視点から霊長類の組織因子(Tissue Factor; TF)およびアレルギー・IgE産生に関する研究を展開している.サルモデルでの好中球TFの発現機序や凝血病態との関連,サルオス副生殖器・精嚢におけるTF遺伝子の組織特異的な発現制御について明らかにした.また,ニホンザルのスギ花粉症モデルを用いて,免疫療法ペプチド(T-細胞エピトープペプチド)の抗アレルギー作用を明らかにした.

F) Bウイルスの特異的遺伝子診断・同定法に関する研究

平野真(ヒューマンサイエンス振興財団リサーチレジデント),中村伸,岡田真紀(ヒューマンサイエンス振興財団研究支援者)(

マカクサルBウイルス(BV)の特異的なDNA同定・診断法として,BVのglycoproteinG 遺伝子をターゲットにしたPCR条件を開発し,近縁サルヘルペスウイルス(HPV2, AS8)やヒト単純ヘルペス(HSV)とBVを識別出来る特異的one-step PCR法を確立した.

G) Bウイルスの抗体検査用改良HPV2- ELISA法の確立およびSPFモニターへの応用

光永総子(ヒューマンサイエンス振興財団研究支援者),中村伸

BV感染を抗体レベルで検査する改良HPV2-ELISA法を確立し,BV-SPFを目指した個別およびグループケージ飼育サルの感染(抗体)モニターに実用化した(INA/INARP,林隆志,N. Mirannda,TPC・長文昭,霊長研・清水慶子とも共同).

H) 霊長類モデルにおけるBV遺伝子ワクチンに関する研究

平野真,中村伸,光永総子,岡田真紀,清水慶子(器官調節分野)

サルモデルでの遺伝子治療・遺伝子ワクチン研究を進めている.特に,BV-SPFサルを創生する目的でBV感染に主要な役割を担うgD遺伝子を組込んだ遺伝子ワクチンプラスミド・pC1-BVgDを作製し,ニホンザルにリポソームベクターで遺伝子免疫した.6頭中6頭に充分な液性免疫およびBVウイルス中和活性を誘導し,遺伝子ワクチンによるBV感染防御が示された(OSU・R. Eberle,DERA・A. Bennet,SRL・植田昌宏とも共同).

I)サルの環境調査と解毒代謝の研究

浅岡一雄,飯田景子(技術補佐員)

霊長類の環境と体内影響を調べる調査を引き続き行った.日本のサルは環境化学物質の取込みがあり糖尿病や子宮内膜症の事例が見いだされた.環境化学物質の胎児影響を研究してフタル酸エステル,植物エストロゲンおよびビスフェノールAは胎児へ速やかに移行することを見いだした.日本と韓国の食品を分析して環境拡散の要因を解析した.サルの解毒代謝を研究し,環境化学物質により発現誘導がおこること,シトクロームP450 2D酵素に種差があることを見いだした.

↑このページの先頭に戻る

研究業績
論文
  1. Abe, K., Inami, T., Nakamura, S. & Goto, S. 〈2000〉 TT Virus Infection in Non-human Primates and Characterization of Virus Genome, Journal of Virology 74: 1549-1553.
  2. Ayabe, T., Park, S.K., Takenaka, H., Takenaka, O., Maruyama, H., Sumida, M., Onitsuka, T. & Hamada, M. (2000) The steady-state kinetics of the enzyme reaction tested by site-directed mutagenesis of hydrophobic residues(Val, Leu, and Cys) in the C-terminalα-helix of human Adenylate kinase. Journal of Biochemistry 128: 181-187.
  3. Endo, H., Nishiumi, I., Hayashi, Y., Rerkamnuaychoke, W., Kawamoto, Y., Hirai, H., Kimura, J., Suyanto, A., Nabhitabhata, J., & Yamada, J. (2000) Osteometrical skull character in the four species of tree shrew. Journal of Veterinary Medical Sciences 62: 517-520.
  4. Hirai, H., Kawamoto, Y., Suleman, M.A. & Mwend, J.M. (2000) Centromere lacking the representative pericentromeric repeats in the Sykes monkey. Chromosome Research 8: 357-359.
  5. Hirai, H., Taguchi, T., Saitoh, Y., Kawanaka, M., Sugiyama, H., Habe, S.,Okamoto, M., Hirata, M., Shimada, M., Tiu, W., Lai, K., Upatham, E.S. & Agatsuma, T. (2000) Chromosome differentiation of the Schistosoma japonicum complex. International Journal of Parasitology 30: 441-452.
  6. Hirano, M., Nakamura, S., Okada, M., Ueda, M. & Mukai, R. (2000) Rapid Discrimination of Monkey B Virus from Human Herpes Simplex Viruses by PCR in the presence of Betaine. Journal of Clinical Micribiology 38: 1255-1257.
  7. Inoue-Murayama, M., Niimi, Y., Takenaka, O., Okada, K., Matsuzaki, I., Ito, S. & Murayama, Y. (2000) Allelic variation of the serotonin transporter gene polymorphic region in Apes. Primates 41: 267-273.
  8. Inoue-Murayama, M., Takenaka, O. & Murayama, Y. (2000) Allelic variation of the dopamine receptor D4 gene polymorphic region in Gibbons. Primates 41: 383-392.
  9. Kim, H.S. & Takenaka, O. (2000) Evolution of the X-linked zinc finger gene and the Y-linked zinc finger gene in primates. Molecule and Cells 10: 512-518.
  10. . Kim, H.S., Choi, J.Y., Lee, W.H., Jang, K.L., Park, W.H., Moon, D.H., Takenaka, O. & Hyun, B. H. (2000) Phylogenetic analysis of HERV-K LTR family in human chromosome Xq26 and New World monkeys. Korean Journal of Life Science 10: 32-36.
  11. Kim., H.S., Kageyama, T. & Takenaka, O. (2000) The Arg and Lys-rich motif in the TSPY gene of humans and Japanese monkeys (Macaca fuscata) is conserved in various primate species. Korean Journal of Life Science 10: 37-39.
  12. Koda, Y., Tachida, H., Soejima, M., Takenaka, O. & Kimura, H. (2000) Ancient origin of the null allele se428 of the human ABO-secretor locus (FUT2). Journal of Molecular Evolution 50: 243-248.
  13. Le Paslier, M.C., Pierce, R.J., Merlin, F., Hirai, H., Wu, W., Williams D.L., Johnston, D., LoVerde, P.T. & Le Paslier, D. (2000) Construction and characterization of a *Schistosoma mansoni* bacterial artificial chromosome library. Genomics 65: 87-94.
  14. Minaguchi, K. & Takenaka, O. (2000) Structural variation of the VWA locus in humans and comparison with non-human primates. Foresinc Science International 113: 9-16.
  15. Munehara, H. & Takenaka, O. (2000) Microsatellite markers and multiple paternity in a paternal care fish, Hexagrammos otakii. Journal of Ethology 18: 101-104.
  16. Nakamura, S. (2000) Increase of allergy patients and change in hygienic conditins: A hypothesis through studies on monkey pollinosis, Mycotoxins 50: 101-104.
  17. Narimatu, S., Kobayashi, N., Masubuchi, Y., Horie, T., Kakegawa, T., Kobayashi, H., Hardwick, J.P., Gonzalez, F.J., Shimada, N., Ohmori, S., Kitada, M., Asaoka, K., Kataoka, H., Yamamoto, S. & Satoh, T. (2000) Species difference in enantioselectivity for the oxidation of propranolol by cytochrome P450 2D enzymes. Chemico-Biological Interactions 127: 73-90.
  18. Ogiichi, T., Hirashima, Y., Nakamura, S., Endo, S., Kurimoto, M., & Takaku, A. (2000) Tissue Factor and Cancer Procoagulant Expressed by Glioma Cells Participate in Their Thrombin-Mediated Proliferation, Journal of Neuro-Oncology 46: 1-9.
  19. Rakotoarisoa, G., Hirai, Y., Go, Y., Kawamoto, Y., Shima, T., Koyama, N., Randrianjafy, A., Mora, R. & Hirai, H. (2000) Chromosomal localization of 18S rDNA and telomere sequence in the aye-aye, Daubentonia madagascariensis. Genes & Genetic Systems 75: 299-303.
  20. Soltis, J., Thomsen, R., Matsubayashi, K. & Takenaka, O. (2000) Infanticide by resident males and femela counter-strategies in wild Japanese macaques (Macaca fuscata). Behaviror, Ecology and Sociobiology 48: 195-202.
  21. Taguchi, T., Hirai, H., Upatham, S. & Agatsuma, T. (2000) Sex chromosome differences among the three races (alpha, beta, gamma) of the snail intermediate host of Schistosoma mekongi, Neotricula aperta. Parasitology Internatinal 49: 267-272.
  22. Takenaka, A., Matsumoto, Y., Nagaya, A., Watanabe, K., Goto, S., Suryobroto, B. & Takenaka, O. (2000) Plasma cholesterol levels in free-ranging macaques comapared with captive macaques and humans. Primates 41: 299-309.
  23. Ueno, T., Toi, M., Koike, M., Nakamura, S. & Tominaga, T. (2000) Tissue Factor Expression in Breast Cancer Tissues: Its Correlation with Prognosis and Plasma Concentration, British Journal of Cancer 83: 164-170.
  24. Yamamoto, N., Ogawa, H., Oshima, S., Soejima, H., Fujii, H., Misumi, K., Takazoe, K., Mizuno, Y., Noda, K., Saito, T., Tsuji, I., Kumeda, K., Nakamura, S. & Yasue, H. (2000) The effect of heparin on tissue factor and tissue factor pathway inhibitor in patients with acute myocardial infarction, International Journal of Cardiology 75: 267-74.

↑このページの先頭に戻る

総説
  1. 平野真, 光永総子, 清水慶子・中村伸(2000)霊長類などへの遺伝子導入−BウイルスDNAワクチンの開発. 「遺伝子治療入門」(斉藤英彦・吉田純 編), 名古屋大学出版会, pp. 124-135.
  2. 竹中修 (2000) 霊長類研究の現状と今後の展望−特に類人猿研究について─. 学術月報53 (10): 1026-1029.
  3. 竹中修 (2001) スラウェシ島マカク7種の謎「海のアジア4」, 岩波書店, pp. 53-76.

↑このページの先頭に戻る

報告・その他
  1. 浅岡一雄 (2000) サルに見られる異常現象と環境化学物質. 日本内分泌撹乱化学物質学会, Endocrine Disrupter News Letter 3 (3): 3.
  2. 中村伸(2001)サルモデルにおけるベクターの安全性・有効性の評価実験系の開発. 厚生科学研究費補助金「ヒトゲノム・再生医学等研究事業」報告書, pp. 1-102.

↑このページの先頭に戻る

学会発表等
  1. Hirai, H. (2000) Molecular cytogenetics on chromosomal differentiation in schistosomes. WHO/UNDP/WorldBank SchsitosomeGenome network meeting 2000 (Mar. 2000, Northampton, USA).
  2. . Huh, J.I., Nakamura, S., Hirano, M. & Ito, M.(2000)Seminal Vesicle Tissue Factor: Its Testosterone-Mediated Downregulaltion and New Function. The 16th Annual Meeting of Primate Society of Japan (July 2000, Nagoya). Primate Research 16 (3): 247.
  3. Huh, J. I., Nakamura, S., Itoh, M. & Hirano, M. (2000) New function of tissue factor in reproductive organs: Gene regulation and function in seminal vesicle. The 23rd Congress of the Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis (Nov. 2000, Nagoya). Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis 11: 505.
  4. Imamura, T., Nakamura, S. & Yamamoto, T. (2000) Expression and Function of Tissue Factor in Monkey Arthus Model. The XXIII International Congress of The International Academy of Pathology (Sept. 2000, Nagoya).
  5. Lee, K.W., Asaoka, K. & Sheen, Y.Y. (2000) 3MC and DBP effects on the expression of drug metabolizing enzymes via RT-PCR. The 2nd Congress of Asian Society of Toxicology (Aug. 2000, Cheju Island, Korea). Abstracts p.199.
  6. . Mitsunaga, F., Nakamura, S., Hirano, M., Imamura, T., Shimizu, K., Abe, A. & Emi, E. (2000) Safe and Efficient Liposome Vector Complexed with VSVG. The 6th Annual Meeting 2000, The 6th Annual Meeting of Japanese Society of Gene Therapy (June 2000, Tokyo), Abstract pp.117.
  7. Nakamura, S., Mitsunaga, F., Hirano, M., Imamura, T., Shimizu, K., Abe, A., & Emi, N. (2000) Evaluation of Safety and Efficiency of Gene Transfer Using a Non-Viral Liposome Vector in a Monkey Model. The 4th Australia/Japan Symposium on Drug Design and Development (May 2000, Melbourne, Australia). Abstract pp.108.
  8. Nakamura, S. (2000) Leukocyte Tissue Factor: It's Association with Inflammation and Atherosclerosis, 3rd Vascular Biology Conference (July 2000, Otsu).
  9. Nakamura, S., Yamaji, T., Tsunematsu, M., Jum-Im, H., Okubo, K., Gotoh, M., Miyajima, H., Dairiki, K., Kino, K., Uchida, M. & Tsunoo, H. (2000) Effect of Immunotherapeutic Peptide with T-Cell Epitopes to Japanese Cedar (Cryptomeria japonica; Cj) Allergen in Monkey Cj Pollinosis Model, The XVIIth International Congress of Allergology and Clinical Immunology (Oct. 2000r, Sydney, Australia). Abstract p. 30.
  10. Takenaka, O. (2000) Preliminary genetic analysis of the chimpanzees in the east side of Lake Tanganiyika. Symposium on Molecular Variation of Chimpanzees, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology (June 2000, Leipzig, Germany).
  11. . Takenaka, O. (2000) Introduction to molecular systematics, and Molecular techniques. Overseas Visiting Scholarship Bogor Agricultural University (June 2000, Bogor, Indonesia).
  12. Takenaka, O. (2000) Blood cholesterol level and LDLR gene in macaques. International Seminar, Korea Research Institute of Bioscience and BioTechnology (July 2000, Taejon, Korea).
  13. Takenaka, O. (2000) Non-invasive sampling for genetic study in wild animals. The 4th Annual Meeting of Biodiversity Research and Training (Oct. 2000, Pisanuloke, Thailand).
  14. Takenaka, O. (2000) Establishment of the breeding colony for the long-tailed macaques carry mutated opsin gene (dichromatism). The 1st International Primate Symposium. Primate Models for Human Disease in Biomedical Research (Oct. 2000, Seoul, Korea).
  15. Takenaka, O. (2001) Evolution: past and present, Basic molecular techniques and phylogenetic analysis and Trends and feasibility. Workshop by the Thai Comparative Endocrinology and Molecular Evolution Society (Mar. 2001: Bangkok, Thailand).
  16. Yano, K., Asaoka, K., Moriguchi, T., Sakamoto, Y. & Katayama, H. (2000) Environmental distribution of suspect endocrine disruptors, di(n-butyl)phthalate and di(2-ethylhexyl)phthalate, in Japan. American Chemical Society. The 220th National Meeting (Aug. 2000, Washington D.C., USA). Book of abstracts 2: ENVR-261.
  17. 浅岡一雄, 大蔵聡, 室山泰之, 濱田穣 (2000) 幸島のニホンザルにおける発育変化と環境依存的疾病の血液診断. 16回日本霊長類学会大会 (2000年7月,名古屋). 霊長類研究 16 (3): 294.
  18. 浅岡一雄, 飯田景子, 鈴木樹里, 内田薫, 井口泰泉, 桜井健一, 森千里, 矢野一行 (2000)サル胎盤のヒトとの構造類似性と環境ホルモンの透過性. フォーラム2000: 衛生薬学・環境トキシコロジー (2000年10月, 東京). 講演要旨集p.138.
  19. 浅岡一雄, 釜中慶朗, 三輪倫子, 磯和弘一, 川島誠一, Sheen, Y.Y. (2000) 環境化学物質のサル脳への侵入と異物代謝系の分子誘導. フォーラム2000: 衛生薬学・環境トキシコロジー (2000年10月, 東京). 講演要旨集p. 139.
  20. 郷康広, 平井啓久, 平井百合子, 川本芳, 相見満, 小山直樹(2000)マダガスカル国ベレンティー保護区におけるチャイロキツネザル2亜種混成群の細胞遺伝学的研究 (予報). 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究 16 (3): 243.
  21. 平井啓久, 竹中修, バンバン・スリョブロト, 毛利俊雄(2000)染色体44本テナガザル類における第8・9染色体の変異とその遺伝特性. 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究 16 (3): 244.
  22. 平野真, 中村伸, 岡田真紀, 植田昌宏, 光永総子, Eberle, R. (2000) マカクサルBウイルスの特異的PCR検出・同定法. 第16回日本霊長類学会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究 16 (3): 248.
  23. 平野真, 中村伸, 岡田真紀, 許禎壬, 伊藤麻里子, 植田昌宏, 向井鐐三郎, 光永総子,清水慶子, 恵美宣彦(2000)Bウイルス感染症の DNA 診断法とDNAワクチンの開発. 第23回日本分子生物学会 (2000年7月, 神戸). 要旨p.762.
  24. .許禎壬, 伊藤麻里子, 平野真, 中村伸(2000)組織因子の生殖系での役割:精嚢での発現調節とその役割. 第23回日本血栓止血学会 (2000年11月, 名古屋). 日本血栓止血学会誌11: 505.
  25. 井上−村山美穂, 安達さとみ, 新美陽子, 三谷宏明, 竹中修, 村山裕一 (2000) 霊長類におけるドーパミントランスポーター遺伝子の多型解析. 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究16 (3): 245.
  26. 中村伸, 轟木秀一 (2000) 好中球の新たな役割: Tissue Factor (CD142)の発現と凝固亢進, 第8回Pharmaco-hematologyシンポジウム (2000年6月, 東京). 要旨集p.14.
  27. 野田令子, 北野誉, 斉藤成也, Ferrel, R.E., 竹中修 (2000) 霊長類におけるABO血液型遺伝子の進化. 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究16: 245.
  28. 櫻井健一, 浅岡一雄, 寺岡雅之, 宮川秀則, 卯月昌子, 井口泰泉, 森千里 (2000) 植物エストロゲンの胎児移行に関するヒトとサルでの検討. 第3回日本内分泌攪乱物質学会大会(2000年12月, 横浜).
  29. .住谷文須紗, 工藤なをみ, 川嶋洋一, 藤田志歩, 浅岡一雄 (2000) フッ素化脂肪酸の尿排泄における動物種差の検討. 日本薬学会第121年会 (2001年3月,札幌).
  30. 竹中晃子, 天野茜, 吉田愛, 竹中修 (2000) 高コレステロール血症のサルのLDLレセプター遺伝子の変異. 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究16 (3): 247.
  31. 内田薫, 鈴木敦子, 小林良夫, 鈴木樹里, 浅岡一雄, 井口泰泉 (2000) マウスとサルにおけるビスフェノールAの胎盤透過性. 第71回日本動物学会 (2000年9月, 東京). 予稿集 p. 65.
  32. 矢野一行, 浅岡一雄, 廣澤成美, 坂本安, 森口武史, Jhung, K.E., Sheen, Y.Y. (2000) 韓国と日本の飲料品中に含まれているフタル酸エステル量の直接評価. 日本化学会第79年会 (2001年3月, 神戸).
  33. 劉成淑, 松林清明, 竹中修 (2000) ニホンザル精巣における発現遺伝子の季節変化─ディファンレンシャルディスプレイ法による─. 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究16 (3): 246.

↑このページの先頭に戻る

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 自己点検評価委員会