ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

| 年報目次 | 認知学習分野紹介 | 霊長類研究所トップページ |

 

行動神経研究部門

認知学習分野     小嶋祥三・正高信男・中村克樹・南雲純治1)  

 

<研究概要>                         |  研究業績 | 

A) 霊長類の聴覚と音声に関する研究        小嶋祥三

1頭のチンパンジーで、聴覚見本刺激と視覚テスト刺激による異種感覚間見本あわせ課題により、両感覚間の統合過程を検討している。とくにオノマトペを利用したモノの名称の理解を引き続き調べている。また、1頭のチンパンジーの音声の初期発達を調べ、加えて母子間の音声的な交互作用を検討している。これまでのチンパンジーの聴覚と音声の研究を、ヒトやニホンザルと比較しつつ、総括的に取りまとめている。

 

B) 老齢ザルの認知機能の研究          小嶋祥三・土田順子2)・久保南海子3)

加齢に伴う認知機能の低下を明らかにする目的で、老齢ニホンザルの学習セット形式、連続位置逆転、空間記憶の成績を若年のサルと比較している。

 

C) 霊長類のコミュニケーションの比較行動学          正高信男

ヒトを含む様々な種の音声、視覚コミュニケーションの比較研究を行っている。

 

D) サル頭頂間溝周辺領域のサッカード運動における役割の研究      中村克樹

サル頭頂間溝周辺領域のサッカード運動における役割を明らかにするため、注視・サッカード中のニューロンの応答性を調べている。

 

E) ヒト脳機能マッピングの研究           中村克樹・小嶋祥三

立体視知覚、視覚対象の認識、声の認識に関わる脳部位をPETfMRIを用いて検討した。東北大・川島、長寿研・伊藤、東北福祉大・松江、生理研・花澤らとの共同研究である。

 

F) サルの視野計測系の確立の試み          中村克樹・笹岡正顕4)

カニクイザルの視野を計測するために、眼球位置計測装置等のシステムを開発した。また、臨床検査をもとにした学習課題を開発し、視野計測を試みた。参天製薬との共同研究である。

 

G) 霊長類の聴覚の研究               泉 明宏5)

ニホンザルにおける旋律の知覚、特に音脈分凝についてオペラント条件付けを用いて検討した。  

  H)  ニホンザルの音声による個体識別         Miyuki Ceugniet6)

複数のニホンザルからcoo音を記録し、継時弁別課題により、音声に基づいて個体識別がかれらに可能であるかを実験的に検討している。  


  I) 霊長類行動実験制御装置およびプログラムの開発        南雲純治

本年度は、以下のことを行った。研究公開用システムとして、研究所展示室にチンパンジーの実験を体験できる装置(ソフトウェアを含む)を作成した。また、アフリカでのチンパンジーの生活、文化等をさまざまなカテゴリの中から選択し、動画で閲覧できるソフトウェアの作成を行った。

-----------------------
1) 技官 2) 大学院生 3) 共同利用研究員 4) 共同研究員 5) COE非常勤研究員 6) 日本学術振興会海外特別研究員

研究概要トップ

<研究業績>
論文
−英文−
1)   Ejiri, K. & Masataka, N. (2001) Co-occurrence of preverbal vocal behavior and motor action in  early infancy. Developmental Science 4: 40-48.  

2)   Izumi, A. (2000) Japanese monkeys perceive sensory consonance of chords. Journal of the Acoustical Society of America 108: 3073-3078.

3)   Izumi, A. (2001) Auditory sequence discrimination in Japanese monkeys: Effect of frequency proximity on perceiving auditory stream. Psychologia 44: 17-23.

4)  Kojima, S. (2001) Early vocal development in a chimpanzee infant. In: Primate Origins of Human Cognition and Behavior (ed. Matsuzawa, T.). Springer-Verlag, Tokyo, pp. 190-196.

5)   Masataka, N. (2001) Working memory and sentence comprehension in children with Williams syndrome. Cognitive Studies 8: 25-36.

6)   Nakamura, K, Kawashima, R., Sato, N., Nakamura, A., Sugiura, M., Kato, T., Hatano, K., Ito, K., Fukuda, H., Schormann, T. & Zilles, K. (2000) Functional delineation of the human occipito-temporal areas related to face and scene processing. A PET study. Brain 123: 1903-1912.

−和文−
1) 梶川祥世・正高信男 (2000) 乳児における歌に含まれた語彙パターンの短期保持. 認知科学7: 131-138.

   

報告・その他
−英文−
1)   Hashiya, K. & Kojima, S. (2001) Hearing and auditory-visual intermodal recognition in the chimpanzee. In: Primate Origins of Human Cognition and Behavior (ed. Matsuzawa, T.). Springer-Verlag, Tokyo, pp. 155-189.

2)   Masataka, N. (2001) How infants become articulate: Introduction. Developmental Science 4: 36-37.

 

著書・編書
−英文−
1)   Nakamura, K. (ed.) (2001) Selected Papers of Professor Kisou Kubota. (久保田競博士論文選集 中村克樹編), システム総研, 800pp.

 

学会発表
−英文−
1)   Hanazawa, A., Kawashima, R., Nakamura, K., Sato, Y., Sugiura, M., Watanabe, J., Sato, K., Maeda, Y., Matsue, Y. & Fukuda, H. (2000) The human posterior parietal cortex participates in stereoscopic depth perception. An fMRI study. Sixth International Conference on Functional Mapping of the Human Brain (June 2000, San Antonio, USA). NeuroImage 11 (Suppl.) : 694.

2)      Nakamura, K. (2001) Beyond fusiform face area. Cuba-Japan Neuroscience Meeting (Feb. 2001, Habana, Cuba).

3)   Tsuchida, J., Kubo, N. & Kojima, S. (2000) Position reversal learning in aged Japanese macaques. COE International Symposium ”Development and aging of primates" (Nov. 2000, Inuyama). Abstracts p. 48.

−和文−
1)   泉明宏 (2000) ニホンザルにおける和音の弁別. 日本心理学会第64回大会 (200011, 京都). 発表論文集 p. 364.

2)   泉明宏・板倉昭二・友永雅己・明和政子・田中正之・松沢哲郎 (2000) チンパンジー新生児における聴覚フィードバックによるサッキング反応のコントロール. 3回サガ・シンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護−現状と未来−」(200011, 犬山).

3)   小嶋祥三 (2000) チンパンジーの聴覚−視覚見本合わせの特徴について. 日本動物心理学会第60回大会 (20006, 東京). 動物心理学研究, 50: 304.

4)   小嶋祥三 (2000)「ヒト」型聴覚脳. 日本心理学会第64回大会シンポジウム「現代心理学のクロスロード (1)(200011, 京都). 論文集 p. S10.

5)   正高信男 (2000) いわゆる”キレル”行動を心理学的に考える: 行動学の立場から. 日本心理学会第64回大会シンポジウム「現代心理学のクロスロード (1)(200011, 京都). 論文集 p. 35.

6)   中村克樹・佐藤暢哉 (2000) アカゲザルの視線検出システム. 16回日本霊長類学会大会 (20007, 名古屋). 霊長類研究 16 (3) : 271.

7)   中村克樹 (2000) 顔の認識に関与する脳領域. 12日本脳循環代謝学会シンポジウム「高次機能の可視化技術:最近の進歩」(200012, 仙台).

8)   中山桂・後藤俊二・倉岡康冶・中村克樹 (2000) ネガティブな情動反応を生起させる状況下でのアカゲザルの鼻部表面温度変化. 日本動物行動学会第19回大会 (200011, 彦根).日本動物行動学会第19回大会予稿集 p. 44.

9)   土田順子・久保南海子・小嶋祥三 (2000) 老齢ニホンザルにおける連続位置逆転学習. 日本心理学会第64回大会 (200011, 京都). 発表論文集 p. 686.

 


| 研究概要 |  研究業績 | 

| 年報目次 |  認知学習分野紹介  | 霊長類研究所トップページ |