ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > 2001年度 − III 研究活動 生態機構分野

京都大学霊長類研究所 年報

Vol.32 2001年度の活動

III 研究活動

生態機構分野

上原重男,M. A. Huffman

研究概要
A) 西および東アフリカに生息するチンパンジーの行動と生態

上原重男,M.A. Huffman,藤田志歩(大学院生),竹元博幸(大学院生)

タンザニア国マハレ山塊にすむチンパンジー(M集団)の研究を継続した.チンパンジーのアリ食行動にみられる大きな地域差がどのような要因によって説明できるかを考える上で不可欠な,マハレのアリ相に関する資料を集めた.ルボンド島にすむチンパンジーの研究を継続した.チンパンジーの自己治療行動を理解するためマハレとルボンド島のチンパンジーについて,生態・寄生虫感染・SIVcpzウイルス感染調査を行った.チンパンジーの繁殖における地域的特徴を生息環境との関係で理解するための調査を行った.

西アフリカボッソウ地域のチンパンジーの採食植物の栄養分析を行い,1)西アフリカ,ボッソウ地域のチンパンジーが環境中の食物量変動および気象の季節変化に対しどのように対応しているか,検討した.2)チンパンジーの糞分析・発芽実験を行い,ボッソウ森林における種子散布者としての役割を解析した.3)中央アフリカ赤道ギニアで発見した房付き掘り棒について,道具製作,使用の特徴を考察した.

B) 東南アジアに生息する霊長類の生態および社会行動に関する研究

岡本暁子(日本学術振興会特別研究員)

マカクの社会行動の進化に関する比較研究の一環として,インドネシア・スラウェシ島に生息するムーアモンキーの野外研究を続けている.群れどうしの出会いや個体群動態・生活史に関する資料および群れの分裂に関するデータを収集,分析し,論文として公表した.野外観察と同時に,社会行動に関するゲーム理論的研究をおこなった.

C) 野生ニホンザルのホルモン動態及び交尾戦略と父子判定及び性行動の研究

上原重男,藤田志歩(大学院生),早川祥子(大学院生)

宮城県金華山に生息する野生ニホンザルを対象に,メスの性行動と糞中生殖関連ホルモンの動態との関係を分析した.九州南部屋久島の野生ニホンザルにおいて非侵襲的なサンプルを使用したDNA解析により父子判定を行った結果,生まれた子供の約半数が群外オスの子供であることが分かった.

D)社会的場面で生起する情動の役割に関する生物心理学的研究

中山桂(大学院生)

アカゲザルを対象に,負の情動価を持つ刺激に対し,サルの顔面温度がどのように変化するかを,赤外線熱画像装置を利用して検討した(後藤俊二,倉岡康冶,中村克樹との共同研究).また,ニホンザルを対象に,負の情動生起時にあらわれる他者の転位行動が,それを観察したサルにどのような影響を与えるのかについて検討した.

↑このページの先頭に戻る

研究業績
論文
  1. .Bardi, M., Shimizu, K., Fujita, S., Borgognini-Tarli, S., Huffman, M.A. (2001) Hormonal correlates of maternal style in captive macaques. International Journal of Primatology 22:647-662.
  2. Bardi, M., Shimizu, K., Fujita, S., Borgognini-Tarli, S., Huffman, M.A. (2001) Social behavior and hormonal correlates during the perinatal period in Japanese macaques. Hormones and Behavior 39:239-246.
  3. Hosaka, K., Nishida, T., Matsumoto-Oda, A. & Uehara, S. (2001) Predation of mammals by the chimpanzees of the Mahale Mountains. In: All Apes Great and Small, Vol. 1, African Apes (eds. Galdikas, B. M. F., Briggs, N. E., Sheeran, L. K., Shapiro, G. L. & Goodall, J.). Kluwer Academic/ Plenum Publishers, New York, pp. 107-130.
  4. Huffman, M.A. & Caton, J.M. (2001) Self-induced increase of gut motility and the control of parasite infections in wild chimpanzees. International Journal of Primatology 22(3): 329-346.
  5. Okamoto, K. & Matsumura, S. (2001) Group fission in Moor macaques (Macaca maurus). International Journal of Primatology 22(3): 481-493.
  6. Okamoto, K., Agetsuma, N. & Kojima, S. (2001) Greeting behavior during party encounters in captive chimpanzees. Primates 42(2): 161-165.
  7. Okamoto, K. & Matsumura, S. (2001) The evolution of punishment and apology: an iterated prisoner's dilemma model. Evolutionary Ecology 14: 703-720.
  8. Wakibara, J. V, Huffman, M. A, Wink, M, Reich, S. Aufreiter, S., Hancock, R. G. V., Sodhi, R., Mahaney, W. C., & Russel, S. (2001) The Adaptive Significance of Geophagy for Japanese Macaques (Macaca Fuscata) at Arashiyama, Japan. International Journal of Primatology 22(3): 495-520.

↑このページの先頭に戻る

総説
  1. Huffman, M. A. (2001) Self-medicative behavior in the African Great Apes- an evolutionary perspective into the origins of human traditional medicine. BioScience 51(8): 651-661.

↑このページの先頭に戻る

学会発表等
  1. Bardi, M., Borgognini-Tarli, S., Shimizu, K., Fujita, S., & Huffman, M.A. (2001) Hormonal correlates of maternal style in captive macaques (Macaca fuscata, M. Mulatta). XIVth Meeting of the Italian Primatological Society (Jan. 2001, Pisa). Folia Primatologica 72:143-144.
  2. Bardi, M., & Huffman, M.A. (2001) Effects of maternal style on infant behavior in macaques. XVIIth Annual Meeting of the Primatological Society of Japan (Jul. 2001, Kyoto, Japan). Primate Research, 17:135.
  3. Bardi M., Shimizum K., Huffmanm M.A., & Borgognini-Tarlim S.M. (2001) Endocrine, social and environmental factors affecting maternal behavior in macaques. XIVth Annual Meeting of the American Society of Primatologists (Aug. 2001, Savannah). American Journal of Primatology, 54:28-29.
  4. Bardi, M., Shimizu, K., Barrett, G.M., Huffman, M.A., & Borgognini-Tarli, S.M. (2002). Perinatal stress and maternal behavior in Japanese macaques. Inuyama COE International Symposium "Research on long-lived animals: The past, present and future of longitudinal field studies" (Poster presentation) (Jan. 2002, Inuyama). Abstracts p. 54.
  5. Huffman, M. A. & H. Nishie (2001) Stone handling, a two decade old behavioral tradition in a Japanese Monkey troop. XXVII International Ethology Congress, Animal Innovations- Symposium, (Aug. 2001 Tuebingen). Advances in Ethology, 36 (supplements to Ethology): p. 35.
  6. Huffman, M. A. (2001) A bio-cultural approach to discovering and evaluating herbal anthelmintics- the role of animal behavior and ethnobotanical studies. Natural Products Research Network for Eastern and Central Africa Symposium (Plenary Speaker)(Aug. 2001, Nairobi), Abstracts: p. 13.
  7. Huffman, M. A., Pebsworth, P., Bakuneeta, C., Gotoh, S., Obbo, C., Kiwedi, Z., Karamaji, J., & G. Muhumuza (2001) Ecological factors influencing the behavioural diversity of leaf-swallowing and other health maintenance aspects of the diet in chimpanzees of Budongo and Mahale. Primate Society of Great Britain - Winter Meetings (Dec. 2001, London).
  8. Huffman, M. A., Pebsworth, P., Bakuneeta, C., Gotoh, S., Obbo, C., Kiwedi, Z., Karamaji, J., & G. Muhumuza (2002) Ecological factors influencing the behavioural diversity of leaf-swallowing and host parasite relationships in chimpanzees of Budongo and Mahale. Inuyama COE International Symposium "Research on long-lived animals: The past, present and future of longitudinal field studies" (Poster presentation) (Jan. 2002, Inuyama). Abstracts: p. 65
  9. Okamoto, K. (2002) Long-term study of wild moor macaques (Macaca maurus). Inuyama COE International Symposium "Research on long-lived animals: The past, present and future of longitudinal field studies" (Jan. 2002, Inuyama). Abstracts: p. 69
  10. Takemoto, H. & Hirata, S. (2002) Recent observation on non-human primates in Rio Muni, Equatorial Guinea. Inuyama COE International Symposium "Research on long-living animals the past, present and future of longitudinal studies" (Jan. 2002, Inuyama). Abstracts p. 55.
  11. Takemoto, H. (2002) Seasonal change in time spent for terrestrial behaviour of chimpanzees in relation to micrometeorology in the tropical forest. Inuyama COE International Symposium "Research on long-living animals the past, present and future of longitudinal studies" (Jan. 2002, Inuyama). Abstracts p. 55.
  12. Takemoto, H., Hirata, S. & Sugiyama, Y. (2002) Manufacture and use of brush-sticks by chimpanzees. Inuyama COE International Symposium "Research on long-living animals the past, present and future of longitudinal studies" (Jan. 2002, Inuyama). Abstracts p. 61.
  13. 岡本暁子 (2001) 個体識別に基づく継続研究からみえてきたもの−野生ムーアモンキーにおける群れ内競合と群れ間競合. 日本哺乳類学会2001年度大会自由集会「現在のサル研究」(2001年10月, 沖縄). 講演要旨集 p. 34.
  14. 竹元博幸(2001)チンパンジーの地上性行動の割合にみられる季節変化.第17回日本霊長類学会(2001年7月, 京都).霊長類研究17(2):167.
  15. 竹元博幸(2001)種子散布者としてのチンパンジー.日本哺乳類学会2001年度大会(2001年10月, 沖縄).講演要旨集p.132.
  16. 上原重男 (2001) マハレの昼行性中・大型哺乳類、とくに霊長類の生息密度: 1996年と2000年の比較. 第55回日本人類学会大会・第17回日本霊長類学会大会連合大会(2001年7月, 京都). 霊長類研究 17(2): 122/Anthropological Science 110: 63.

↑このページの先頭に戻る

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 自己点検評価委員会