ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > 2001年度 − III 研究活動 認知学習分野

京都大学霊長類研究所 年報

Vol.32 2001年度の活動

III 研究活動

認知学習分野

小嶋祥三,正高信男,南雲純治(文部科学技官)

研究概要
A) チンパンジー乳幼児の音声の発達と母子間音声交換

小嶋?三

1頭のチンパンジー乳幼児の音声の発達を追うとともに,母親との音声的なインタラクションを観察した.その結果,人工飼育したチンパンジーと類似した音声の初期発達が観察された.また,母親と幼児の間には音声を交し合うことが見られた.この母親は幼児期に声をだす訓練を受けたが,それは日常生活,子育てにも影響を持った.他の2組のチンパンジー母子間には,音声交換はほとんどみられなかった.

B) チンパンジーにおける音声による個体の同定

小嶋?三,泉明宏(研修員・10月よりCOE非常勤研究員),Miyuki Ceugniet (外国人研究員)

聴覚−視覚見本あわせ課題で,聴覚見本刺激としてチンパンジーのpant hoot, pant grunt, screamを提示し,テスト刺激としてチンパンジーの顔写真を提示した.チンパンジーはいずれの音声でも容易に発声者を同定できた.1994年,2001年に記録した音声の間に成績の差はなかった.Pant hootは複数の個体が同期して発するが,2頭であれば参加者を同定できた.自己の声を自己の声として認識していないようだった.ピッチやデジタル・フィルターで音声を加工し,それらの影響を見た.

C) 老齢ザルの認知機能の研究

小嶋祥三,土田順子(大学院生),久保南海子(共同利用研究員)

加齢に伴う認知機能の低下を明らかにする目的で,老齢ニホンザルの学習セット形成,連続位置逆転,空間記憶の成績を若年のサルと比較している.

D) 霊長類のコミュニケーションの比較行動学

正高信男

ヒトを含む様々な種の音声,視覚コミュニケーションの比較研究を行っている.

E) ニホンザルの聴覚の研究

泉明宏

ニホンザルにおける聴覚の知覚的体制化について,オペラント条件付けを用いて検討した.

F) ニホンザルの音声による個体識別

Miyuki Ceugniet,泉明宏

複数のニホンザルからcoo音を記録し,継時弁別課題により,音声に基づいて個体識別がかれらに可能であるかを実験的に検討した.

G) 霊長類行動実験制御装置およびプログラムの開発

南雲純治

チンパンジー用記憶実験ソフト,所外貸し出し用数字記憶体験ソフト(自動インストール版),サル用強化スケジュール実験ソフトの作成を行った.

↑このページの先頭に戻る

研究業績
論文
  1. Ceugniet, M. & Aubin, T. (2001) The rally call recognition in males of two hybridizing partridge species, red-legged (Alectoris rufa) and rock (A. graeca) partridges. Behavioural Processes 55: 1-12.
  2. Hashiya, K. & Kojima, S. (2001) Acquisition of auditory-visual intermodal matching-to-sample by a chimpanzee (Pan troglodytes): comparison with visual-visual intramodal matching. Animal Cognintion 4: 231-239.
  3. Itoh, K., Izumi, A. & Kojima, S. (2001) Object discrimination learning in aged Japanese monkeys. Behavioral Neuroscience 115: 259-270.
  4. Izumi, A. (2001) Relative pitch perception in Japanese monkeys (Macaca fuscata). Journal of Comparative Psychology 115: 127-131.
  5. Izumi, A. (2002) Auditory stream segregation in Japanese monkeys. Cognition 82: B113-B122.
  6. Izumi, A., Kuraoka, K., Kojima, S. & Nakamura, K. (2001) Visually guided facial actions in rhesus monkeys. Cognitive, Affective & Behavioral Neuroscience 1: 266-269.
  7. Kawashima, R., Hatano, G., Oizumi, K., Sugiura, M., Fukuda, H., Ito, K., Kato, T., Nakamura, A., Hatano, K. & Kojima, S. (2001) Different neural systems for recognizing plants, animals, and artifacts. Brain Research Bulletin 54: 313-317.
  8. Masataka, N. (2001) Why early linguistic milestones are delayed in children with Williams syndrome?: Late onset of hand banging as a possible rate-limiting constraint on the emergence of canonical babbling. Developmental Science 4: 158-164.
  9. Nakamura, K., Kawashima, R., Sugiura, M., Kato, T., Nakamura, A., Hatano, K., Nagumo, S., Kubota, K., Fukuda, H., Ito, K. & Kojima, S. (2001) Neural substrates for recognition of familiar voices. A PET study. Neuropsychologia 39: 1047-1054.
  10. Okamoto, K., Agetsuma, N. & Kojima, S. (2001) Greeting behavior during party encounters in captive chimpanzees. Primates 42: 161-165.
  11. Tsuchida, J., Kubo, N. & Kojima, S. (2002) Position reversal learning in aged Japanese macaques. Behavioural Brain Research 129: 107-112.
総説
  1. 正高信男 (2001) 言語の獲得に聴覚は不可欠か. 日経サイエンス 30(9): 28-33.
  2. 正高信男 (2001) 「子どもはことばをからだで覚える」, 中央公論新社. 189pp.
  3. 正高信男 (2001) 身ぶりと言語の獲得. 「脳図鑑21」 (小泉英明編), 工作社, pp. 135-154.
報告・その他
  1. 小嶋?三 (2002) 霊長類の認知,行動発達. 平成9-12年度科学研究費補助金特定領域(A) 「心の発達:認知的成長の機構」 研究成果報告書, pp.379-391. 研究代表者: 桐谷滋.

↑このページの先頭に戻る

学会発表等
  1. Ceugniet, M. & Izumi, A. (2001) Vocal discrimination of unknown individuals in Japanese monkeys. The 2nd International Symposium on Comparative Cognitive Science "Social transmission of knowledge" (Feb. 2002, Inuyama). Program and Abstracts p. 77.
  2. Itakura, S., Izumi, A., Myowa, M., Tomonaga, M., Tanaka, M., Matsuzawa, T. & Kojima, S. (2001) Ecological self in baby chimpanzees. 21st Annual Conference of Society for Reproduction and Infant Psychology (Sept. 2001, Oxford, United Kingdom). Journal of Reproductive and Infant Psychology 19: 267.
  3. Izumi, A. (2001) Perception of tone sequences in Japanese monkeys. The 2nd International Symposium on Comparative Cognitive Science "Social transmission of knowledge" (Feb. 2002, Inuyama). Program and Abstracts p. 76.
  4. Kuraoka, K., Izumi, A. & Nakamura, K. (2001) Rhesus monkeys' facial actions conditioned to visual stimuli. The 2nd International Symposium on Comparative Cognitive Science "Social transmission of knowledge" (Feb. 2002, Inuyama). Program and Abstracts p. 57.
  5. 泉明宏 (2001) ニホンザルにおける旋律の分凝. 日本動物心理学会第61回大会 (2001年9月, 西宮). 動物心理学研究51(2): 99.
  6. 小嶋?三 (2001) チンパンジーの音声・聴覚機能. 第55回日本人類学会大会・第17回日本霊長類学会大会連合大会 シンポジウム 「音声人類学入門」 (2001年7月, 京都).
  7. 小嶋?三 (2001) チンパンジー乳幼児の音声の発達. 日本動物心理学会第61回大会 (2001年9月, 西宮). 動物心理学研究51(2): 87.
  8. 小嶋?三 (2001) 行為の実行と観察の脳内過程−ポジトロンCTによる研究−. 日本心理学会第65回大会 (2001年11月, 筑波). 発表論文集 p. 85.
  9. 倉岡康治, 泉明宏, 中村克樹 (2001) アカゲザルにおける顔面動作の条件付けの試み. 第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会 (2001年9月, 京都). Neuroscience Research Supplement 25: S158.
  10. 正高信男 (2001) 0歳児の言語習得. 第104回日本小児科学会招待講演.
  11. 正高信男 (2001) 言語習得はどこまで可塑的か? 第8回社会言語科学会招待講演.

↑このページの先頭に戻る

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 自己点検評価委員会