ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > 2001年度 − III 研究活動 遺伝子情報分野

京都大学霊長類研究所 年報

Vol.32 2001年度の活動

III 研究活動

遺伝子情報分野

竹中修,平井啓久(兼任),中村伸,浅岡一雄

研究概要
A) DNA分析による霊長類の系統解析

竹中修,リナ=H=スティヤジ(日本学術振興会論博研究員),堀尾由紀子(技術補佐員)

ミトコンドリアDNAには進化速度を異にする領域があり,群内の個体差の検出から種間系統関係まで,対象の霊長類のどの側面を解析するかにより使い分けることが可能である.チトクロームb遺伝子の塩基配列比較によるスラウェシマカク7種およびブタオザルの系統関係の解析を終え現在投稿中である.また中部スラウェシのトンケアナとヘッキの雑種形成地帯計8群の試料について,ミトコンドリアD-Loop領域およびY染色体の遺伝子の塩基配列を決定した.ミトコンドリアでは雑種地帯のタイプはヘッキであることが明らかとなり,Y染色体上の遺伝子はヘッキタイプと混合型であった.また名古屋文理大学竹中晃子氏との共同研究で高脂血症のマカクについて脂質代謝の重要な因子LDLR,およびグロビン遺伝子領域に入り込んだプロセスト遺伝子P117について遺伝子解析を行った.

B) 霊長類の染色体進化に関する研究

(1)平井啓久,松林清明(人類進化モデルセンター)

介在C-バンドやテロメア配列のゲノム内分布がヒトとチンパンジーの間で異なる生物学的意義を探るため,チンパンジーの減数分裂の特性とキアズマ頻度を解析した.

(2) 平井啓久,平井百合子(技術補佐員),川本芳(集団遺伝分野),遠藤秀樹(国立科学博物館),木村順平6)

タイ国ハジャイ市近郊の山林に同所的に生息するツパイ2種の染色体解析を行い,本2種は形態的に酷似するが細胞遺伝学的隔離によって種間交雑を回避しているものと推論し,論文としてまとめた(タイ国カセサート大との共同研究).

(3) 平井啓久,アラン=ムートニック(国際ギボン研究センター),竹中修・バンバン=スリオブロト(ボゴール農科大学),毛利利雄(形態進化分野),釜中慶朗(人類進化モデルセンター),加藤章(日本モンキーセンター),木村直人(日本モンキーセンター),加藤朗野(人類進化モデルセンター),前田典彦(人類進化モデルセンター)

スマトラとマレー半島に生息するアジルテナガザル2亜種のみに第8・9染色体間相互転座が存在することを発見した.ボルネオ島のアジルテナガザルには存在しないことが推察されることから,生物地理学的な考察を行うとともに,飼育個体間の繁殖計画において染色体データを考慮する必要があることも議論し,論文としてまとめた.

C) 霊長類の集団細胞遺伝学的研究

(1) 平井百合子(技術補佐員),アナ=カリナ=ザバラグレン(大学院生),平井啓久

チンパンジーのrDNAの局在部位の変異を解析し,ヒトの変異機構と比較した(三和化学・熊本霊長類パークとの共同研究).

(2) 田中美希子(科研費補佐員),平井百合子(技術補佐員),田中洋之(集団遺伝分野),平井啓久

マダガスカル国ベレンティ保護区に生息する核型が異なるチャイロキツネザル2亜種混成群の28個体における染色体構成を調査した(アフリカ研,集団遺伝分野との共同研究の一環).

(3) 平井百合子(技術補佐員),田中美希子(科研費補佐員),田中洋之(集団遺伝分野),平井啓久

マダガスカル国ベレンティ保護区に生息するワオキツネザル集団において,新しい染色体変異を発見した(アフリカ研,集団遺伝分野との共同研究の一環).

D) 霊長類の止血,免疫機構

中村伸,許禎壬(大学院生)

バイオメディカルな視点から霊長類の組織因子(Tissue Factor; TF)および免疫応答に関する研究を進めている.今年度は,TF遺伝子発現の組織特異的な発現調節やエピジェニック制御について検討した.また,霊長類の免疫応答特性(Th1/Th2バランス)について,遺伝子レベルでの解析法を確立し,各種霊長類の免疫応答特性を調べている.

E)Bウイルス(BV)抗体測定法(改良HPV2-ELISA法)

光永総子(技術補佐員),中村伸

危険度の高いBV(BSL-4)抗原に代わるヒヒヘルペスウイルス(HPV2, BSL-2)抗原を用いた安全なBV 抗体測定法(改良HPV2-ELISA法)を確立し,KUPRI および他施設での飼育サルのBV感染モニタリングを通じてその実用化を進めた.

F) Bウイルスの特異的PCR同定・診断法

平野真(研修員),中村伸,岡田真紀(技術補佐員),光永総子(技術補佐員)

BV特異的なDNA同定・診断法として,高C+GのBVgG遺伝子をベタイン共存下で増幅するPCR条件を開発し,マカクサルBVと他の近縁霊長類アルファーヘルペスウイルス(HPV2,AS8,HSV-1およびHSV-2)を峻別するone-step PCR法を確立した.

G) Bウイルス遺伝子ワクチン(BV-DNAワクチン)

中村伸,平野真(研修員),光永総子(技術補佐員),岡田真紀(技術補佐員,清水慶子(器官調節分野)

DNAワクチンでのBV-SPFサルを創出する目的でBVgD遺伝子を組込んだDNAワクチンを構築し,ニホンザルに遺伝子免疫した.遺伝子免疫されたサルにおいて,顕著なBVgD特異的な細胞性および液性免疫応答が認められ,BV-DNAワクチンによる強力な感染防御免疫の誘導が示された.

H) サルモデルでの遺伝子導入,遺伝子免疫

中村伸,平野真(研修員),光永総子(技術補佐員),岡田真紀(技術補佐員),清水慶子(器官調節分野)

妊娠サル(コモンマーモセット)でのトレーサー遺伝子(pCI-EGFPプラスミド)の胎盤通過を検討した.投与遺伝子の母胎→胎児移行が容易に起き,胎児血管内皮細胞で遺伝子産物(GFPタンパク質)の強い発現が認められ,霊長類では経胎盤的に胎児遺伝子導入・遺伝子免疫が可能であることを示す新知見が得られた.

I) 環境化学物質の霊長類への影響と解毒代謝の研究

浅岡一雄,浅田貴美子(教務補佐員),飯田景子(技術補佐員)

内分泌攪乱性が疑われている化学物質を対象にして霊長類の影響を研究した.サルにおけるビスフェノールAの代謝およびダイオキシン関連遺伝子の解析をすすめた。環境化学物質の地域研究のために韓国と日本の飲料品に含まれるフタル酸エステルを分析して汚染量とその要因をまとめて論文とした.一部は矢野一行(埼玉医大),渡辺邦夫(ニホンザル野外観察施設),鈴木樹理(人類進化モデルセンター)との共同研究による.

J) サルにおける味覚嫌悪条件づけの研究

浅岡一雄,飯田景子(技術補佐員),杉浦秀樹(社会構造分野),室山泰之(ニホンザル野外観察施設)

ニホンザルにおける味覚嫌悪条件付けが桂皮酸アミドを用いて形成されるかを研究して有効性をみいだした.桂皮酸アミド関連成分の分離方法を確立して代謝動態を調べた.

↑このページの先頭に戻る

研究業績
論文
  1. Gotoh, S., Takenaka, O., Watanabe, K., Hamada, Y., Kawamoto, Y., Watanabe, T., Suryobroto, B. & Sajuthi, D. (2001) Hematological values and parasite fauna in free-ranging Macaca hecki and M. Hecki/M. Tonkeana hybrid group of Sulawesi island, Indonesia. Primates 42: 27-34.
  2. Hanazawa, A., Mikami, A., Angelika, P. S., Takenaka, O., Goto, S., Onishi, A., Koike, S.,Yamamori, T., Kato, K., Kondo, A., Suryobroto, B., Farajallah, A. & Komatsu, H. (2001) Electroretinogram analysis of relative spectral sensitivity in genetically identified dichromatic Macaques. Proc. Natl. Acad. Sci. 84: 2545-2549.
  3. Hirai, H. (2001) Relationship of telomere sequence and constitutive heterochromatin in the human and apes as detected by PRINS. Methods in Cell Science 23: 29-35.
  4. Hirashima, Y., Endo, S., Nakamura, S., Kurimoto, M. & Takaku, A. (2001) Cerebrospinal fluid membrane-bound tissue factor and myelin basic protein in the course of vasospasm after subarachinoid hemorrhage. Neurol. Res. 23: 715-720.
  5. Kawamura, S., Hirai, M., Takenaka, O., Radlwimmer, F., B. & Yokoyama, S. (2001) Genomic and spectral analyses of long to middle wavelength-sensitive visual pigments of common Marmoset (Callithrix jacchus). Gene 269: 45-61.
  6. Kim, H.-S. & Takenaka, O. (2001) Phylogeny of SINE-R retroposons in Asian apes. Molecules and Cells 12: 262-266.
  7. Kim, H.-S. & Takenaka, O. (2001) Molecular phylogeny of New World monkeys based on TSPY gene sequences from Y chromosomal DNA. Korean J. Genet. 23: 249-257.
  8. Koda, Y., Tachida, H., Pang, H., Liu, Y., Soejima, M., Ghaderi, A. A., Takenaka, O. & Kimura, H. (2001) Contrasting patterns of polymorphism at the ABO-secretor gene (FUT2) and plasma α (1,3) fucosyltransferase gene (FUT6) in human populations. Genetics 158: 747-756.
  9. Miyamoto, S., Ogawa, H., Sakamoto, T., Soejima, H., Takazoe, K., Shimomura, H., Kajiwara, I., Yoshimura, M., Kugiyama, K., Nakamura, S. & Ozaki, Y. (2001) Platelet hyperaggregability persists even after the improvement of increased blood coagulation and impaired fibrinolysis with the stabilization of symptoms in patients with unstable angina. Int. J. Cardiol. 80: 235-242.
  10. Narita, Y., Oda, S., Takenaka, O. & Kageyama, K. (2001) Phylogentic position of Eulipotyphla inferred from the cDNA sequences of pepsinogens A and C. Mol. Phylogenet. Evol. 21: 32-42.
  11. Oka, T. & Takenaka, O. (2001) Wild gibbon's parentage tested by non-invasive DNA sampling and PCR-amplified Polymorphic microsatellite. Primates 42: 67-73.
  12. Shimada, H., Kasakura, S., Shiotani, M., Nakamura, K., Ikeuchi, M., Matsuura, R., Nakamura, S., Hine, C., Ohkura, N. & Kato, H. (2001) Hypercoagulable state of Human Preovulatory Ovarian Folicular fluid: role of Sulfated proteoglycan and Tissue Factor Pathway Inhibitor in the Fluid. Biol. Reprod. 64: 1739-1745.
  13. Shimada, H., Kasakura, S., Shiotani, M., Nakamura, K., Ikeuchi, M., Matsuura, R., Nakamura, S., Hine, C., Ohkura, N. & Kato, H. (2001) Hypercoagulable state of Human Preovulatory Ovarian Folicular fluid: role of Sulfated proteoglycan and Tissue Factor Pathway Inhibitor in the Fluid. Biol. Reprod. 64: 1739-1745.
  14. Soejima, H., Ogawa, H., Suefuji, H., Kaikita, K., Takazoe, K., Miyamoto, S., Kajiwara, I., Shimomura, H., Sakamoto, T., Yoshimura, M. & Nakamura, S. (2001) Comparison of effects of losartan versus enalapril on fibrinolysis and coagulation in patients with acute myocardial infarction. Am. J. Cardiol. 87(12):1408-11.
  15. Yang, S.-M., Yokoi, N., Kanamaru, Y., Takenaka, O., Atoji, Y., Bunai, Y., Ohya, I., Song, X.-G., Nagaoka, S., Shimizu, M. & Sachdev G. D. (2001) Unique occurrence of the 1CF11 carbohydrate epitope in Primate saliva. Biosci. Biotechnol. Biochem. 65: 714-718.
  16. Yano, K., Hirosawa, H., Sakamoto, Y., Katayama, H., Moriguchi, T., Joung, K.E., Sheen, Y.Y. & Asaoka, K. (2002) Phthalate levels in beverages in Japan and Korea. Bull. Env. Contam. Toxicol. 68 (4): 463-469

↑このページの先頭に戻る

総説
  1. 光永総子, 中村伸, 平野真, 清水慶子, 今村隆寿 (2001)霊長類胎盤構造の特徴:遺伝子治療剤の胎盤通過の視点から. 霊長類研究17:35-45.

↑このページの先頭に戻る

報告・その他
  1. 中村伸 (2002) サルにおけるアレルギーの特徴:アレルギー増大要因の考察. Allergy 21 Centry No.9: 13-16.
  2. 中村伸 (2001) 23-2 組織因子・廣川タンパク質化学.第5巻・血漿タンパク質 I (長沢滋治編): 155-160.

↑このページの先頭に戻る

学会発表等
  1. Asaoka, K., Iida, H., Suzuki, J., Watanabe, K. & Yano, K. (2001) Advantages using monkey for evaluation of bioeffects of chemicals. The 4th Congress of Japan. Society of Endocrine Disrupters Research (Dec. 2001, Tsukuba). Environmental Science 9-2&3: 93.
  2. Asada, K., Miwa, M., Yuasa, A. & Asaoka, K. (2001) Excretion of bisphenol A by enzymatic metabolism in monkeys. The 4th Congress of Japan. Society of Endocrine Disrupters Research (Dec. 2001, Tsukuba). Environmental Science 9-2&3: 175.
  3. Hichiya, H., Takemi, C., Yamamoto, S., Kataoka, H., Asaoka, K., Satoh, T. & Narimatsu, S. (2001) Molecular cloning and functional analysis of CYP2D29 from Japanese monkey liver. The 6th International ISSX Meeting (October 7-11, 2001. Munich, Germany). Drug Metabolism Reviews 33 (Suppl. 1) : 93.
  4. Hirai, H. (2002) Chromosome mapping. Schistosome Genome Network Meeting. (Jan.2002, Washington, USA).
  5. Hirano, M., Nakamura, S., Mitsunaga, F., Okada, M., Simizu, K., Bennett, A. & Eberle, R. (2001) Development of DNA Vaccine aginst B Virus: Its Evaluation in Japanese Monkeys. The Japanese Society of Gene Therapy The 7th Annual Meeting 2001 (July, Tokyo). Abstract p. 80.
  6. Nakamura, S. (2001) Tissue Factor (CD 142) in Vascular Diseases : Its Expression by Neutrophils at Intravascular Inflammatory Sites. The 2nd International symposium on Vascular Aging and Angiogenesis (June, Pusan). Abstract pp.10-11.
  7. Nakamura, S. (2001) Role of New DNA Vaccine, The 23rd Annual Convention of The Philippine Society for Microbiology and Infectious Diseases (December, Manila).
  8. Nakamura, S. (2002) Monkey B Virus: Diagnosis and DNA Vaccine, The 69rd Annual Scientific Convention of Philippine Veterinary medical association (February, Minosa).
  9. Takemi, C., Hichiya, H., Tsuzuki, D., Yamamoto, S., Kataoka, H., Asaoka, K., Satoh, T., Gonzalez, F.J., Meyer, U.A. & Narimatsu, S. (2001) Characterization of stereoselective metabolism of bufuralol enantiomers in Japanese monkey liver microsomes. The 6th International ISSX Meeting (October 7-11, 2001. Munich, Germany). Drug Metabolism Reviews 33 (Suppl. 1) : 54.
  10. 浅岡一雄 (2001) 環境影響と加齢. 第63回日本血液学会総会シンポジウム「加齢と血液」 (2001年4月, 名古屋). プログラム p.29.
  11. 浅岡一雄, 森眞由美, 新井富夫, 沢辺元司, 飯田景子, 川島誠一 (2001) 血液疾病と環境解毒酵素の遺伝子変異. フォーラム2001: 衛生薬学・環境トキシコロジー (2001年10月,金沢). 講演要旨集 P-117.
  12. .浅岡一雄, 飯田景子, 鈴木樹理, 渡辺邦夫, 矢野一行 (2001) サルによる化学物質の影響評価の有用性. 第4回日本内分泌攪乱化学物質学会 (2001年12月, つくば). 講演要旨集 p.101.
  13. 浅岡一雄, 飯田景子, 釜中慶朗, 浅田貴美子, 三輪倫子, 矢野一行, 鈴木樹理, 渡辺邦夫 (2002) 内分泌攪乱物質の影響をサルで調べる有用性と評価法の構築. 平成13年度科学研究費補助金 研究成果報告会 (2002年1月, 京都). 研究成果報告会要旨集p.20-21.
  14. 浅田貴美子, 三輪倫子, 湯浅亮, 釜中慶朗, 浅岡一雄 (2001) サルにおけるビスフェノールAの代謝動態. フォーラム2001: 衛生薬学・環境トキシコロジー (2001年10月,金沢). 講演要旨集 P-242.
  15. 平井啓久 (2001) ヒト上科におけるテロメア配列のゲノム内分布 第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会大会連合大会 (2001年7月, 京都). 霊長類研究17 (2): 161.
  16. 平井啓久 (2002) チンパンジーにおけるテロメア配列のゲノム内分布とキアズマ頻度(予報) 霊長類遺伝子に関する総合的研究集会 (2002年3月, 国立遺伝学研究所).
  17. 平野真, 中村伸, 光永総子, 岡田真紀, Richard Eberle (2001) マカクサルBウイルスの特異的遺伝子診断法:One-Step PCR法によるBウイルスと霊長類近縁ヘルペスウイルスとの識別. 日本実験動物科学技術大会 (2001年5月, 横浜). 要旨集p.175.
  18. 平野真, 中村伸, 光永総子, 岡田真紀, 清水慶子・Alice Bennett・Richard Eberle (2001) Bウイルスに対するDNA ワクチンの開発. 第17回日本霊長類学会 (7月,京都). 霊長類研究17:137.
  19. 平野真, 中村伸, 岡田真紀, 光永総子, 清水慶子, Alice Bennett, Richard Eberle (2001) サルBウイルスに対するDNA ワクチンの開発. 第24回日本分子生物学会 (12月,横浜). 要旨集p.856.
  20. 飯田景子, 釜中慶朗, Yhung Y. Sheen, 浅岡一雄 (2001) サルにおけるダイオキシン関連遺伝子群の検出. 第4回日本内分泌攪乱化学物質学会 (2001年12月,つくば). 講演要旨集 p.299.
  21. 光永総子, 中村伸, 林隆志, Miranda, N., 長文昭, 清水慶子, 植田昌宏, Richard Eberle (2001) 改良HVP2-ELISAの確立およびBウイルスモニタリングへの応用. 第17回日本霊長類学会 (7月, 京都). 霊長類研究17:136.
  22. 室山泰之, 杉浦秀樹, 飯田景子, 浅岡一雄 (2001) 桂皮酸アミドを用いたニホンザルにおける嫌悪条件付け. 第55回日本人類学会大会・第17回日本霊長類学会大会連合大会 (2001年7月, 京都). 霊長類研究 17 (2) :119.
  23. 中村伸, 岡本好司, 今村隆寿 (2001) 好中球のTissue Factor (CD 142):血管内外での発現とその機序,第63回日本血液学会 (4月,名古屋). Int. J. Hematol. 73(Suppl) : 230.
  24. 中村伸 (2001) 花粉症・アレルギーの増大要因-サルの花粉症研究からの考察. 多摩アレルギー懇話会 (5月,三鷹).
  25. 中村伸, 平野真, 岡田真紀, 光永総子, 清水慶子・Alice Bennett・Richard Eberle (2001) Bウイルスに対するDNA ワクチンの開発およびニホンザルモデル系での評価. 日本実験動物科学技術大会 (2001年 5月 横浜). 要旨集p.175.
  26. 中村伸, 轟木秀一 (2001) 好中球の新たな役割: Tissue Factor (CD142)の発現と凝固亢進. 第8回Pharmaco-hematologyシンポジウム (6月, 東京). 要旨集p.14.
  27. 中村伸 (2002) 花粉症・アレルギー増大要因: サル花粉症研究の視点からの検討. 御茶の水アレルギー研究会 (1月 東京).
  28. 中村伸 (2002) サル花粉症からヒト花粉症を考える:花粉症・アレルギー増大要因の検討. 関東花粉症研究会 (1月 東京).
  29. 住谷文須紗, 工藤なをみ, 藤田志歩, 浅岡一雄, 川嶋洋一 (2001) 動物種及び性によるペルフルオロオクタン酸の尿排出の差. フォーラム2001: 衛生薬学・環境トキシコロジー (2001年10月,金沢). 講演要旨集 P-137.
  30. 住谷文須紗, 工藤なをみ, 藤田志歩, 浅岡一雄, 川嶋洋一 (2002) ペルフルオロオクタン酸の体内動態における種差および性差の検討. 日本薬学会第122年会 (2002年3月,千葉). 講演要旨集 p.178.
  31. 竹味千恵, 蔵本詩乃, 比知屋寛之, 山本重雄, 片岡洋行, 成松鎮雄, 浅岡一雄, 佐藤哲男 (2002) マーモセット肝によるβ遮断薬ブフラロールの立体選択的代謝. 日本薬学会第122年会 (2002年3月,千葉). 講演要旨集 p.45.
  32. 常松雅代, 大久保公裕, 後藤譲, 中村伸 (2001) サルのスギ花粉症モデルにおけるヒトT細胞多重エピトープの作用. 第13回日本アレルギー学会春季臨時大会. アレルギー 50:303.
  33. 矢野一行, 廣澤成美, 坂本安, 片山博雄, 森口武史, Joung, K.E.・Sheen, Y.Y.・浅岡一雄 (2001) 日本と韓国とのフタル酸エステルによる環境汚染度の比較. フォーラム2001: 衛生薬学・環境トキシコロジー (2001年10月,金沢). 講演要旨集 O3-1.

↑このページの先頭に戻る

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 自己点検評価委員会