ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > 2005年度 > VIII サル所外供給(有償)事業

京都大学霊長類研究所 年報

Vol.36 2005年度の活動

VIII サル所外供給(有償)事業

従来共同利用研究の一環として行っていた「サル所外貸与」を廃止し,平成17年度より有償の「サル所外供給」を開始した.

開始に先立って,平成16年度に所外供給アドホック委員会を発足させ,申請要項ならびに申請書類等を作成した.所外供給の理念として「霊長類学研究の発展ならびにサル類に対する適切な実験利用心得(「サル類の飼育管理および使用に関する指針」)の普及の推進」を掲げた.

第1回の供給として,平成17年12月27日〜平成18年1月27日の1ヶ月間,ホームページにコモンマーモセットのオス2頭,ワタボウシタマリンのオス2頭の供給個体を提示し,申請を受け付けた.その結果,コモンマーモセット2頭を希望する申請が2件あったが,委員会での協議に基づいて,1申請者に対してコモンマーモセットのオス2頭を供給することとした.

平成17年度サル所外供給委員会:平井啓久(委員長), 景山節, 友永雅己, 大石高生

(文責:平井啓久)

↑このページの先頭に戻る

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 自己点検評価委員会