ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > 2011年度・目次

京都大学霊長類研究所 年報

Vol.41 2010年度の活動

年報 Vol.41

. 教育活動

グローバルCOEとしての活動

英語トレーニングコースの開催

1. Friendly Scientific Debate Training Course (FSDTC1)
グローバルCOEは, 院生の国際化プロジェクトを推進している. これに伴い英語によるプレゼンテーションとディベートができるようにするためのトレーニング・コースが, おおよそ月1度のペースで開催され, 霊長類研究所からも毎回発表者1名, 討論者1名が参加した.

第30回
4月8日(木) 11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:伊藤 毅, 討論者:西岡 佑一郎
Ecological and evolutionary factors in the morphological diversification of macaque skulls

第31回
5月13日(木)11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:澤田 玲子, 討論者:山梨 裕美
Differences in emotional processing between handwritten and printed words -An ERP study

第32回
6月10日(木)11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:山梨 裕美, 討論者:小倉 匡俊
The effects of cognitive experiments on the welfare of captive chimpanzees

第33回
7月8日(木)11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:小倉 匡俊, 討論者:石川 直樹
事情により中止

第34回
8月12日(木)11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:西岡 佑一郎, 討論者:小野 啓治
Size variations of the molars of the Quaternary Japanese macaque

第35回
9月9日(木)11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:小野 啓治, 討論者:伊藤 佑康
Temporal characteristics of shifts of covert attention

第36回
10月14日(木)11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:伊藤 佑康, 討論者:澤田 晶子
What is Japanese dyslexia?:
Studies for making a screening test for dyslexia
第37回
11月11日(木)11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:澤田 晶子, 討論者:兼子 峰明
Mushroom-eating behavior of Japanese macaques on Yakushima Island

第38回
12月9日(木)11:30〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:兼子 峰明, 討論者:平石 博敏
A comparative study of self-agency perception in chimpanzees and humans

第39回
1月13日(木)13:00〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:狩野 文浩, 討論者:澤田 晶子
Face scanning in chimpanzees, gorillas, orangutans, and humans

第40回
2月10日(木)13:00〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:伊藤 毅, 討論者:小倉 匡俊
Phylogenetically informative features independent from size destabilization in craniofacial morphology of two closely related macaque species

第41回
3月10日(木)13:00〜17:00
理学研究科1号館214号室
発表者:禰占 雅史, 討論者:澤田 玲子
Prefrontal cortex and decision-making by memories

2.Focused Scientific Debate Training Course (FSDTC2)

犬山の霊長類研究所から京都で開催されるFSDTC1に院生が毎回参加することは容易ではないため, 2008年度よりFocused English Debate Training Course(FSDTC2)を開催した. 2010年度はディベート力を磨くため2人ずつあるいは数名ずつの小グループに分かれ様々なトピックスを対象に討論会を行った.

第1回
7月20日15:30〜16:30 
Topics: Why do we use more male animals than female for experiments?

第2回
11月8日13:00〜14:00 
Topics: Why do we need biodiversity, based on COP10?

第3回
12月20日15:00〜16:00 
Topics: Do we have to remove all the hybrids between Japanese macaques and others in Japan?

第3回
2月28日17:00〜18:00 
Topics: Do you think we should not carry experiments with wild crop-raiding Japanese macaques?

(文責:正高信男)

 

 

 

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 自己点検評価委員会

もどる