ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > 2012年度・目次 > 広報活動

京都大学霊長類研究所 年報

Vol.42 2011年度の活動

. 広報活動

霊長類研究所では広報委員会が担当して、公開講座、研究所公開、オープンキャンパス(大学院ガイダンス)などを開催し、研究所の活動を所外の方々に紹介している。また、リーフレット、ホームページなどでも紹介・広報活動をおこなっている。

 

1. 公開講座

犬山公開講座「霊長類学の愉しみ」
2011年7月30日(土)〜31日(日)、京都大学霊長類研究所にて開講した。参加者は47名。
<プログラム>
講義:高井正成「サルの来た道」
講義:マイケル・ハフマン「霊長類の薬膳料理:予防と治療の世界」
講義:林美里「チンパンジーのこころとその発達」
講義:岡本宗裕「サルの寄生虫とヒトの寄生虫:共進化と宿主転換」
実習:形態「骨学・化石」(毛利俊雄)
心理「チンパンジー観察」(林美里)
生態「ニホンザル行動観察」(渡邊邦夫)
遺伝「遺伝子分析」(川本芳)

東京公開講座「サルを通してみた世界」
2011年9月25日(日)、日本科学未来館7階みらいCANホールにて実施した。参加者は206名。
<プログラム>
所長挨拶:松沢哲郎
講演1:辻大和「サルを通して生き物のつながりを考える〜金華山島のニホンザルの観察から〜」
講演2:香田啓貴「歌うサルの不思議:テナガザルのコミュニケーション」
講演3:高田昌彦・松本正幸「ドーパミンと脳機能:パーキンソン病から報酬行動まで」
講演4:古賀章彦「ヒトゲノムの45%を占める動く遺伝子」
質疑応答

 

2. 第21回市民公開日

2011年10月30日(日)13:00から15:30まで市民公開がおこなわれた。内容は、今井啓雄による講演「味覚は遺伝する?―個人差・個体差と進化」と放飼場・展示室の見学だった。参加者は43名。

 

3. オープンキャンパス・大学院ガイダンス

大学の学部生をおもな対象とし、大学院ガイダンスを兼ねた2011年度のオープンキャンパスを、2012年2月21日、22日に開催した。各分科の教員による講義、所内見学、各分科教員との懇談会、さらに大学院生・研究員等も参加した懇親会がおこなわれた。参加者は26名。
<プログラム>
2月21日(火)
所長説明
各分科の紹介1
 認知学習分科、系統発生分科、社会生態分科(生態保全)、社会生態分科(社会進化)、ゲノム多様性分科
入学試験説明
各分科の紹介2
 実験動物科学分科、思考言語分科、高次脳機能分科、統合脳システム分科、ゲノム進化分科、進化形態分科
懇親会(夕食を兼ねた立食形式の懇親会で、教員や大学院生とのコミュニケーションを図った)
2月22日(水)
所内見学
分科ごとの懇談1
分科ごとの懇談2
(文責:早川敏之)

 

もどる

このページの問い合わせ先:京都大学霊長類研究所 自己点検評価委員会