ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > Vol.45  > . 研究教育活動


. 研究教育活動

1. 研究部門及び附属施設

ヒト科3種比較研究プロジェクト

<研究概要>

飼育チンパンジーとボノボを対象とした比較認知科学的研究

狩野文浩、平田聡(京都大学野生動物研究センター)、山本真也(神戸大学)

熊本サンクチュアリの計56個体のチンパンジーと計6個体のボノボを対象にした比較認知科学研究をおこなった。具体的には、タッチパネルモニターを用いた認知研究、非拘束型アイトラッカーを用いた視線パターンの記録、サーモグラフィーを用いた顔表面温度の測定、道具使用行動の実験・観察、個体間社会交渉の実験・観察などである。

<研究業績>

原著論文

1)  Kano F, Call J (2014) Great apes generate goal-based action predictions: An eye-tracking study. Psychological Science, 25(9), 1691-1698, 2014.

2)  Kano F, Call J (2014) Cross-species variation of gaze following and conspecific preference among great apes, human infants and adults. Animal Behaviour, 91, 137-150, 2014

学会発表

1) Kano F, Call J. Great apes and human infants visually coordinate with others: eye-tracking study in gaze following and anticipatory look. International Primatological Society. (Hanoi, 11th-16th, August, 2014).

2) 狩野文浩,Josep Call., Social Attention in Great Apes: Eye-contact, Predictive look, Gaze following, and their Species Differences 日本動物心理学会第74回大会,犬山フロイデ,2014年7月19-21日