ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > Vol.46  > . 研究教育活動


. 研究教育活動

1. 研究部門及び附属施設

ヒト科3種比較研究プロジェクト

<研究概要>

飼育チンパンジーとボノボを対象とした比較認知科学的研究
狩野文浩、平田聡(京都大学野生動物研究センター)
熊本サンクチュアリのボノボとチンパンジーを対象に、最新技術を用いた認知と感情の心理研究をおこなった。アイ・トラッキング(視線追跡技術)によって、彼らがヒトと同様に一回きりの出来事を記憶して(エピソード記憶)、その後、同じ出来事を正しく予測できることを発見した。また、他個体に対する視線の向け方、とくに目を見つめる時間について、ボノボとチンパンジーの種間に有意な差があることを発見した。これらの結果から、類人猿の心理機能について理解を深め、また新たな手法を開発することができた。成果は論文、学会、メディアで公表した。

<研究業績>

原著論文

1) Kano, F., Hirata, S., Deschner, T., Behringer, V., & Call, J. (2016). Nasal temperature drop in response to a playback of conspecific fights in chimpanzees: A thermo-imaging study. Physiology & Behavior, 155, 83-94.

2) Kano, F., & Hirata, S. (2015). Great apes make anticipatory looks based on long-term memory of single events, Current Biology, 25, 2513-2517.

3) Kano, F., Hirata, S., & Call, J. (2015). Social attention in the two Species of Pan: Bonobos make more eye contact than chimpanzees. PLoS ONE 10, e0129684. doi:10.1371/journal.pone.0129684

学会発表

1) 狩野文浩. Great apes make anticipatory looks based on goals, memories, and beliefs. 日本心理学会第79回大会, 名古屋国際会議場, 2015年9月22日

2) 狩野文浩. Social attention in great apes; eye contact, gaze following, and ostention. 日本心理学会第79回大会, 名古屋国際会議場, 2015年9月24日