ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学 霊長類研究所 年報 vol.47

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > Vol.47 目次

2. 交流協定

学術交流協定



協定国

協定先

協定先(アルファベット表記)

協定年月日

期間

ギニア

ギニア科学技術庁

La Direction Nationale de la Recherche Scientifique et Technique

2004.1.28

5年間

(自動継続)

ギニア

ボッソウ環境研究所

L'Institut de Recherche Environnementale de Bossou (IREB)

2016.6.28

5年間

(自動継続)

台湾

国立屏東科技大学

野生動物保全学研究所

Institute of Wildlife Conservation National Pingtung University of Science and Technology

2008.1.24

10年間

大韓民国

ソウル大公園(ソウル動物園)

Seoul Grand Park (Seoul Zoo)

2010.4.28

タイ

チュラロンコン大学理学部

Faculty of Science, Chulalongkorn University

2010.5.24

5年間

(自動継続)

スイス

チューリッヒ大学獣医学部

The University of Zurich, Vetsuisse Faculty, Clinic of Zoo Animals, Exotic Pets and Wildlife

2012.6.20

3年間 (自動継続)

コンゴ民主共和国

キンシャサ大学理学部

Faculty of Science, University of Kinshasa, Democratic Republic of Congo

2013.1.7

5年間

(自動継続)

インドネ

シア

ガジャマダ大学獣医学部

The Faculty of Veterinary Medicine,Universitas Gadjah Mada, Indonesia

2013.11.5

5年間(2014.1.1〜)

インドネ

シア

ボゴール農科大学理数学部

The Faculty of Mathematics and Natural Sciences, Bogor Agricultural University, Indonesia

2013.11.13

5年間

アメリカ

リンカーンパーク動物園フィッシャーセンター

The Lester E. Fisher Center for The Study and Conservation of APES, Lincoln Park Zoo

2014.11.21

5年間

中国

中山大学社会学与人類学院

The School of Anthropology and Sociology, Sun Yat-sen University, China

2015.3.11

5年間

スリランカ

スリジャヤワルデネプラ大学社会学・人類学教室

The faculty of Humanities and Social Sciences, Department of Sociology and Anthropology, University of Sri Jayawardenepura, Sri Lanka

2015.8.15

10年間

タイ

タイ王国動物園協会

The Zoological Park Organization, Thailand

2015.12.15

5年間

タイ

チュラロンコン大学霊長類研究センター

National Primate Research Center of Thailand,Chulalongkorn University, Thailand

2015.12.15

5年間

大韓民国

韓国国立生態院

National Institute of Ecology, Republic of Korea

2016.4.5

5年間

(自動継続)

アメリカ

ケント州立大学

人類学・生物医学(バイオメディカルサイエンス)部門

THE DEPARTMENT OF ANTHROPOLOGY AND THE SCHOOL OF BIOMEDICAL SCIENCES, KENT STATE UNIVERSITY, USA

2016.7.27

5年間(2016.8.1〜)

アメリカ

リンカーンパーク動物園

インディアナポリス動物園

THE LESTER E. FISHER CENTER FOR THE STUDY AND CONSERVATION OF APES (LINCOLN PARK ZOO)

THE POLLY H. HIX INSTITUTE FOR RESEARCH AND CONSERVATION (INDIANAPOLIS ZOO)

2016.11.11

5年間

インド

インド国立高等研究所

The National Institute of Advanced Studies Bangalore, India

2016.12.19

10年間

コンゴ民主共和国

生態森林研究所

The Research Center for Ecology and Forestry , D.R.Congo

2016.6.1

5年間


共同研究協定




日本

財団法人名古屋みなと振興財団(名古屋港水族館)


2009.7.3

マレーシア

オランウータン島財団

Orang Utan Foundation

2010.11.1

マレーシア

プラウバンディング財団

Pulau Banding Foundation

2010.11.1

日本

西海国立公園九十九島水族館

「海きらら」


2012.6.16

日本

日本モンキーセンター


2014.10.15

日本

大学共同利用機関法人

自然科学研究機構生理学研究所


2014.1.22

5年間

(自動継続)

日本

新潟大学脳研究所


2015.8.1

5年間

(自動継続)

日本

中部大学創発学術院


2016.9.2

5年間

(自動継続)

日本

公益財団法人鹿児島市水族館公社

(かごしま水族館)


2016.11.1

5年間

(自動継続)



京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > Vol.47 目次

 

3. 学位取得者と論文題目

京都大学博士(理学)

ユリラ(課程):Spontaneous temporal coordination during tapping behavior in dyads: A comparative study in chimpanzees and humans (2個体間におけるタッピング行動の自発的調整に関する比較研究:ヒト・チンパンジーを対象に)

山奈帆子(課程):Female gregariousness and social bonding in the male-philoatric society of bonobos (Pan paniscus) (ボノボの父系社会におけるメスの凝集性と親和関係)

Bernstein, Sofia Kaliope(課程):The Vocal Communication of Tibetan Macaques in Mt. Huangshan, China: their Vocal Repertoire, Call Functions, and Congeneric Comparisons in the Genus Macaca (中国の黄山におけるチベットモンキーの音声コミュニケーション:音声レパートリーおよび音声機能,マカク属内種間比較)

櫻庭陽子(課程):後天的身体障害をもつチンパンジーにおけるリハビリテーションと福祉

Lucie Marie Louise Rigaill(課程):Multimodal sexual signaling and mating strategies in olive baboons and Japanese macaques (オリーブヒヒとニホンザルにおける多様な性的シグナルと交尾戦略)

栗原洋介(課程):Feeding competition in Japanese macaques in Yakushima: effects of intergroup hostility and group size (屋久島のニホンザルにおける採食競合:群間関係および群れサイズの影響)



京都大学修士(理学)

石塚真太郎:野生ボノボ隣接3集団の血縁構造

岩沖晴彦:サルにおける観察恐怖学習の検討

佐藤容:室内個別飼育下における雌ニホンザルの尿中ステロイドホルモン濃度動態と生理周期

柴田柚香:左前頭前野脳腫瘍を摘出した児童の行動特徴の検討

武真祈子:アマゾン都市林に生息するサル3種の採食生態の保守性と可塑性

田辺創思:神経科学研究に最も適した逆行性感染型レンチウイルスベクターの特定

西山瑠衣:味覚関連遺伝子の発現量は成長に伴い変化するか

藤村留美:空間表象と色知覚は身体運動にどう反映されるか

本田剛章:屋久島山頂部のニホンザルの分布上限変動


 

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > Vol.47 目次

 

4. 外国人研究員

招へい外国人学者・外国人共同研究者

JCM Sha(所属・無)

(2014.11.28〜2016.11.27)

受入教員:半谷吾郎

研究題目:ニホンザルの社会構造の差異:飼育群・餌付け群・野生群の比較

C Ruiz(アメリカ合衆国、ケント州立大学・大学院生)

(2016.6.21〜2016.8.23)

受入教員:平井啓久

研究題目:季節性繁殖を示すニホンザルにおける精子形成の分子特性解析


 

京都大学霊長類研究所 > 年報のページ > Vol.47 目次

 

5. 日本人研究員・研修員

日本学術振興会特別研究員(PD)

平成28年度該当者なし