ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

京都大学霊長類研究所 Primate Research Institute, Kyoto University

   平成30年度 京都大学霊長類研究所 犬山公開講座

サルに学ぶ

とき:7月28日(土)・29日(日)午前10時〜午後3時20分

ところ:京都大学霊長類研究所 

対象:中学生以上

定員:60人

受講料:6,200円

申込:メールで住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢、性別、職業(学校名)を記し、実習科目(形態学、心理学、生態学、遺伝学、脳科学)のうちから希望する実習2つを記入して京都大学霊長類研究所「公開講座」係までお申し込みください。 締め切りました。

京都大学霊長類研究所への交通についてはこのホームページ内の交通案内(概要内のアクセス)をご覧ください。

 

講義

古賀章彦 「夜行性になった猿:夜ふかしばかりしているとキミも夜行性になるかも」

鈴木樹理 「動物の福祉を考えてみよう」

江木直子 「初期霊長類がいた世界を哺乳類化石からさぐる」

服部裕子 「チンパンジーのリズム感から音楽の起源をさぐる」

実習

形態学「骨のかたちの意味を考える」 (濱田穣)
サルの骨を観察したり、スケッチしたりします。ヒトの骨格模型と比べながら、どこがどう違っているのかを見つけます。その違いが何を意味するのかを一緒に考えてみたいと思います。

心理学「チンパンジー観察」 (友永雅己・足立幾磨・林美里)
霊長類研究所に暮らすチンパンジーたちの様子を見学していただきます。また、彼らが日々おこなっているコンピュータ実験(数字系列の記憶課題など)を実際に見学していただきます。

生態学「日本モンキーセンターでサルから学ぼう」 (マイケル・ハフマン)
霊長類研究所の隣にある日本モンキーセンターへ散策しながら世界各地の霊長類や展示館を見ながらサルの生活史について学ぼう。モンキーセンターのスタッフからもミニレクチャーを頂く予定です。

遺伝学「SNP解析による遺伝子診断〜アルデヒド脱水素酵素(ALDH)遺伝子の1塩基多型〜 」(岡本宗裕)
遺伝子DNAに起きたたった一つの塩基置換が、ヒトの体質に影響することがあります。お酒に強い・弱いをコントロールしているALDH遺伝子の1塩基置換を調べて、ご自身のアルコール体質を確認しましょう。

脳科学「ヒトにとっての音楽」 (脇田真清)
音楽を聴くと、ことばの理解に関わる脳領域もはたらきます。この領域は、人の動作を見ているときにもはたらくことがわかっています。公開講座では、ヒトのこうした脳の仕組みが何を意味するのかを考えてみましょう。