ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

 

「新しい霊長類学:人を深く知るための100問100答」
京都大学霊長類研究所編著 が刊行されました。

内容紹介

サルにも、美女、美男がいるのですか?

人間とは何か?人間とはどこからきたのか?そのような問いに対するひとつの答えが本書です。

人間を含めたサルの仲間のことを「霊長類」と言います。本書は、霊長類に関する素朴で愉快な疑問を100問集め、それぞれの専門家がわかりやすく答えました。最新の霊長類学による興味深い答えの中から、人間を考える新しい視点が浮かび上がります。

  • なぜチンパンジーはナックルウォーキングで、ヒトは直立二足歩行なのか?
  • サルは数を数えられますか?
  • サルは鏡に自分が映っているのがわかりますか?……

「霊長類学」と呼ばれる学問が日本で誕生して約60年が経ち、京都大学の霊長類研究所が設立されて約40年が経ちました。さらに近年、ヒトやチンパンジー、アカゲザルの全ゲノムが解読され、人間とそれ以外の霊長類の関係が、より明確になってきました。本書は、素朴な疑問を通して、霊長類学の最新の成果を楽しく知ることができます。

目次

第1章 霊長類研究の夜明け
第2章 進化と形態について
第3章 生活と社会
第4章 人間とのかかわり
第5章 認知と思考
第6章 生理と病気
第7章 遺伝とゲノム
第8章 霊長類研究所