ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

 

テングザルの反芻行動の発見

テングザルの研究成果が報道されました。

京都新聞 2011年04月23日 テングザル、反芻行動 京大研究者ら、霊長類で初確認

日経 2011年04月25日 京大霊長類研、野生の霊長類で反すうを初確認

NHK 2011年04月25日 テングザル「反すう」の動作

(*将来リンク切れになる可能性があります)

 大型動物における、新しい行動の発見というのは、近年では非常に稀である。我々の研究チームは、テングザルというボルネオ島に固有のサルにおいて、牛などが食べ物を飲み込んだり、吐き戻したりするという「反芻(はんすう)」に類似した行動を発見した(図1)。霊長類において、このような行動が観察されたのは、世界で初めてである。

詳しい論文紹介 http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/pub/ronbun/0292.html


図1: 反芻行動をするテングザルのオトナ・メス(a, b)、オトナ・オス(c)