ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

写真展:ボッソウの野生チンパンジーの暮らし

写真展:ボッソウの野生チンパンジーの暮らし
期間:5月30日から6月27日まで
場所:京大サロン

西アフリカのギニアの野生チンパンジーの写真展です。ユネスコの世界自然遺産に指定されているニンバ山の麓に、ボッソウという名前の村があります。その周辺の森に一群れのチンパンジーが住んでいます。京都大学霊長類研究所を中心とする国際チームの研究者たちが、1976年以来、長期継続調査をしてきました。ここのチンパンジーはさまざまな道具を使うことで有名です。たとえば、一組の石をハンマーと台にして、硬いアブラヤシの種を叩き割って、中の核を取り出して食べます。

2011年に、これまでの研究成果をまとめて、『ボッソウとニンバのチンパンジー』という英語の本をシュプリンガー社から発行しました。この書籍の出版を記念して、写真展を企画しました。英国の動物写真家、アヌップ・シャーとフィオナ・ロジャースが、2010年12月から2011年2月にかけて、このボッソウのチンパンジーの生態を写真に収めたものです。アフリカの野生チンパンジーの暮らしをぜひ堪能してください。

なお彼らの写真は以下のホームページでも公開されています。

http://www.shahrogersphotography.com/

京都大学霊長類研究所
松沢哲郎