ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

訃報 西田利貞先生

昨日、6月7日、西田利貞先生の訃報に接しました。

東京大学助教授、京都大学教授を歴任し
財団法人日本モンキーセンターの所長をなさっていました。
この間、日本霊長類学会長、国際霊長類学会長、
プリマーテス誌編集長として、学界の発展に著しい貢献をなさいました。

野生チンパンジー研究の第一人者であり、
タンザニアのマハレ国立公園のチンパンジーの研究を
主導してこられました。チンパンジーの社会構造を解明したご研究は、
日本の霊長類学の金字塔といえるでしょう。
そうした先生のご業績に対して、
中日文化賞、ジェーングドール賞、リーキー賞などが授与されています。

京都大学霊長類研究所では、その運営委員を第9期から20期まで、
20余年間の長きにわたってつとめ、
研究所の運営について貴重なご助言を賜りました。

野生チンパンジー研究を現場で指揮し、多くの論文や著作をてがけ、
世界的第一人者であるとともに、後進の育成に努めてこられました。
西田先生の薫陶を受けた研究者は枚挙にいとまがありません。

享年70歳。逝くには早すぎる年齢です。
学問を志す者の手本として、
さらなるご活躍を期待していました。

ここに、西田利貞先生のご逝去を悼み、
霊長類研究所の所員一同を代表して、
謹んで哀悼の意を表します。

京都大学霊長類研究所
所長、松沢哲郎