ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

2011/8/24

京都大学野生動物研究センターに熊本サンクチュアリを設置しました

京都大学では、8月1日付けで、株式会社三和化学研究所より、同社の研究施設である「チンパンジー・サンクチュアリ・宇土」の土地、建物のほかチンパンジーの寄附を受け、「熊本サンクチュアリ」(熊本県宇城市)と改称し、野生動物研究センターに設置しました。

これに先立ち、7月31日に移管式典が行われ、山本一雄三和化学研究所代表取締役社長より、チンパンジー・サンクチュアリ・宇土での研究の歴史や同施設での今後の研究への期待について挨拶がありました。次いで、伊谷原一野生動物研究センター長へ施設の鍵が渡されました。

伊谷センター長は、同施設の寄附について謝辞を述べ、野生動物研究センターがより高度な学際的研究を進めていく機関として機能するために同施設を有効に活用できることは大きな喜びであると挨拶しました。

また、「熊本サンクチュアリ」の看板の上掲が行われ、三和化学研究所及び京都大学関係者らが立会い、設置を祝いました。

 熊本サンクチュアリは、引き続き三和化学研究所から寄附を受け、福祉長寿研究部門として、飼育下チンパンジー及びヒトの福祉と長寿についての研究、特に環境エンリッチメント(動物福祉の立場から飼育動物の幸福な暮らしえお実現するための具体的な方策)、認知能力、加齢についての応用研究を継続していくとともに、将来に向けた複数の国内飼育拠点作りを推進することを目的とし、それらを通じてさらに研究を発展させていく予定です。


施設の引き渡しをする、山本一雄三和化学研究所代表取締役社長(左)と
伊谷原一野生動物研究センター長(右)


施設の看板を上掲する、伊谷原一野生動物研究センター長(右)と
松沢哲郎京都大学霊長類研究所長(左)


移管式典会場にて