ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

 

2013/09/13

Andrew JJ MacIntoshが
第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会にて
高島賞を受賞しました。

 

受賞者:国際共同先端研究センター 特定助教 Andrew JJ MacIntosh
受賞名:日本霊長類学会高島賞
選考対象論文は以下2編である


受賞理由

マッキントッシュ氏は、屋久島のニホンザルを対象に寄生虫の研究を行い、学位を取得した。野外でのニホンザルの行動観察と共に、長期間に渡って、対象個体から継続的に糞を採取し、寄生虫の感染の程度を丹念に調査している。

上記2本の論文より、1本目の論文では、寄生虫卵数のカウントなどから、個体の健康状態を評価し、これが、移動や採食に影響を与えていることを、フラクタル分析という新しい統計手法を用いて明らかにした。2本目の論文では、寄生虫の感染は、情報やコミュニケーションと同様に、サルからサルに伝わるのではないかという仮説を検証した。情報伝達においては、社会ネットワークの中心にいて、様々な個体と交渉することは有利であると考えられる。しかし、多くの個体と交渉することは、寄生虫や病気の感染のリスクが高まることを示唆した。

寄生虫の研究においては、獣医学的な観点や、個体の健康状態の指標という観点からの研究を考えがちだが、野外のニホンザルでのフィールドワークを丹念に行うことで、寄生虫感染が、移動や採食、社会交渉といったニホンザルの普段の行動にどのように影響しているかを明らかにした点が独創的だ。このような視点は、野生霊長類と寄生虫の進化への理解にもつながるだろう。

現在は、幸島のニホンザルを対象に、寄生虫感染や社会ネットワークに関する、より総合的な研究をしている。国際的な共同研究も推進しており、世界的な研究をリードする霊長類学者として活躍が期待される。

Research outline for Dr. Andrew J. J. MacIntosh

 Dr. MacIntosh’s work demonstrates the fact that interdisciplinary studies of complex phenomena can provide novel insight into ecological processes. His recent work has led to novel insights into the host-parasite relationship by investigating how two emergent properties of behavioral organization - fractal behavior patterns and animal social networks - relate to patterns of parasite infection. His work has provided the most comprehensive investigation to date of fractal patterns in the behavior of a wild animal (the Japanese macaque) in relation to life history, social and ecological variables. This work shows that animal behavior occurs in fractal time, supporting the hypotheses that complexity is biologically adaptive and that complexity loss, i.e. greater periodicity or stereotypy which can happen to animals operating in sub-optimal conditions (e.g. when heavily infected by parasites), may reflect reduced behavioral fitness. He has also provided the first evidence that transmission of nematode parasites is mediated by host social networks in wild Japanese macaques. Taken together, these works draw ideas and methodologies from fields as diverse as statistical physics, network science, behavioral ecology, parasitology, epidemiology and endocrinology, leading to novel insights into host-parasite dynamics and. He hopes that this work encourages future interdisciplinary research into the role of complexity and behavioral organization in ecological processes.