ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.
お問い合わせ

 

 

ダーウィンが来た!生きもの新伝説
「頼るは“アカの他人”!? サルたちの不思議な関係」

 

霊長類研究所が研究を進めている、ウガンダ共和国カリンズ森林保護区のサルの生態について、NHK「ダーウィンが来た!」で紹介されます。

7月12日(日)19:30〜19:58 NHK総合
ダーウィンが来た!生きもの新伝説

「頼るは“アカの他人”!? サルたちの不思議な関係」




アフリカ東部・ウガンダのカリンズ森林保護区、ここは6種ものサルの仲間が暮らすいわば“サルの楽園”だ。ここで奇妙な現象が目撃されている。

ブルーモンキーとレッドテイルモンキー、2種のサル同士が一日中一緒に行動。
互いに仲よく毛繕いしたり、子どもが一緒に遊んだり、まるでひとつの家族のように暮らすのだ。

ところが、同種同士はとても仲が悪く、いつもケンカばかり。

サルたちの不思議な関係の秘密に迫る。


番組ウェブサイト:http://www.nhk.or.jp/darwin/