ENGLISH 京都大学
125周年
所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
お薦めの図書 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

2020/10/05

新型コロナウイルス感染症防止にともなう活動制限の変更

 

霊長類研究所員のみなさま

 新型コロナウイルス感染症はいまだ終息していませんが、京都大学の活動制限については10月1日から活動制限レベルをレベル2(−)からレベル1に変更するという通達がありました。霊長類研究所でも勤務形態を通常に戻すとともに、活動制限を緩和することにします。10月12日から当面の間です。今後も京都大学の活動制限に変更があった場合、あるいは国や都道府県などから注意喚起の発令があった場合などには、活動制限レベルを変更することをご承知おきください。

1)教職員の勤務形態は、通勤による出勤に戻します。公共機関での通勤で感染リスクが高い場合は、時差出勤などを検討してください。家族などが新型コロナウイルスに感染した可能性がある場合、ご自身や家族にとくに症状が重篤化する可能性が高い基礎疾患がある場合など、リモートワークを必要とする格別の理由がある場合には、総務掛に届出をしてください。

2)国内の出張、国内からの共同研究者の受け入れの制限を解除します。ただし、感染対策を可能な限り、おこなってください。

3)海外からのインターンや留学生の受け入れを解禁します。ただし、入国時に感染がないことの確認、空港近辺の宿泊施設での2週間の自主隔離、公共交通機関以外の移動手段の確保など、定められたガイドラインにしたがってください。

4)講義・実験・実習に関しては、「京都大学大学院理学研究科新型コロナウイルス感染防止活動制限レベル活動ガイドライン」のレベル1に準拠してください。

5)系会議や協議員会などの所内会議は、感染対策を可能なかぎりおこなって対面で開催しますが、引き続きオンライン出席も認めます。

6)所員、共同研究者とも、サルエリアに入っておこなう実験に関しては、事前2週間にわたって体温計測などで体調に異常が確認されない場合にのみ許可します。

7)飲食を提供する店での会食、飲酒などの自粛は解除しますが、感染対策を可能な限り、おこなってください。また、感染対策がじゅうぶんにおこなわれている飲食店を選ぶようにしてください。

 

湯本貴和

京都大学霊長類研究所 所長