ENGLISH 京都大学
125周年
所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama
トピックス
お薦めの図書 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 行動解析用データセット 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

2021/8/20

 

新型コロナウイルス感染症対応の追加措置

 

所員のみなさま

すでにご案内のとおり、京都大学本部から8月20日から新型コロナ活動制限レベルが2(-)への引き上げの通知がありました。それに伴って、1)対面授業は原則停止し、オンライン授業中心に切り替える、2)学内会議もオンライン参加を推奨する、3)在宅勤務や時差出勤を推奨する、といったことを基本とするガイドラインに従うことになります。

この京都大学の活動制限レベル変更は、いうまでもなく緊急事態宣言が8月20日から1都1府4県から京都を含む1都2府10県に拡大されたことに伴う判断です。まん延防止措置地域も8月20日からは愛知を含む1道15県に拡大され、愛知県内では8月21日より犬山市にもまん延防止措置が適用されることになりました。首都圏ではすでに医療崩壊が起こっているという指摘もあります。愛知県は入院患者の指標がまだステージ4には達していないようですが、陽性確認者数が過去最多を更新しており、緊急事態宣言の発令も時間の問題かと思われます。

このため、霊長類研究所も京都大学本学の新型コロナ活動制限レベル2(-)に沿った活動制限をとる必要があります。これまでの注意事項に加えて、以下の4点を重ねてお願いいたします。

1)可能な仕事はテレワークとすることを、より強く推奨する。
2)公共交通機関を利用する場合には、なるべく早めの出勤、早めの帰宅の時差出勤とする。
3)できるだけ作業する部屋を分ける、作業する時間帯を分けるなどの分散勤務を心がける。
4)職務監督者や指導教員はコロナ禍が全国的に危機状態であることをじゅうぶんに念頭に置いて、適切な勤務管理をおこなう。
(公共交通機関利用者については、夜間の外出を避けるためにできるだけ20時までに自宅に到着できるように退勤時間の配慮をおこなうなど)


所長 湯本貴和