ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Is the Clavicle of Apes Long? An Investigation of Clavicular Length in Relation to Body Mass and Upper Thoracic Width

Kagaya, M., Ogihara, N. & Nakatsukasa, M.

鎖骨が退化傾向にある哺乳類は多いが、霊長類は、しっかりとした鎖骨をそなえていることが特徴の1つであり、なかでも、類人猿やヒトは鎖骨が長いとされる。鎖骨は、肩関節の可動性や安定性に寄与しており、鎖骨の相対的な長さは、肩関節の可動範囲を決める要因となり得る。とくにテナガザル類やオランウータンは長い鎖骨をもつとされるものの、これらアジアの類人猿は胸郭上部の幅が広いことも確認されており、鎖骨の機能的な長さを減じている可能性もある。このため、前肢帯の機能形態学的な視点から、類人猿の鎖骨長について明らかにしようと、さまざまな運動様式や体サイズの真猿類15種を選び、比較検討した。体重に対する鎖骨長のアロメトリーから、テナガザル類やオランウータンの鎖骨は長く、チンパンジーの鎖骨の長さは旧世界ザルや新世界ザルと同程度であることが分かった。しかしながら、胸郭の幅を基準にすると、チンパンジーの鎖骨の長さは旧世界ザルとアジア類人猿の中間程度となった。つまり、類人猿に共通する特徴は、長い鎖骨をもつことではなく、胸郭のサイズに比して長い鎖骨をもつことである、と読みかえることができるだろう。もう1つ興味深い結果は、新世界ザルでは、同等の体重あるいは胸郭幅をもつ旧世界ザルよりも、鎖骨が少し長い傾向がみられたことである。原始的な真猿類の相対鎖骨長については明らかではないが、現生の類人猿やヒトのボディプランが進化した過程において、相対的な鎖骨の延長は重要なステップの1つであったと推察できる。

International Journal of Primatology, 31 (2), 209–217 (2010)

An elongated clavicle is one of the distinct features of apes and humans. It plays an important role in providing mobility as well as stability for the shoulder joints. The relative length of the clavicle is an especially important factor in limiting the range of shoulder joint excursion. It is said that among primates, Asian apes, i.e., gibbons and orang-utans, have very long clavicles. At the same time, they also have a wide upper thoracic cage, which may diminish the effective length of the clavicle. To clarify the length of the clavicle in apes, from the standpoint of the functional anatomy of the shoulder girdle, we examined clavicular length in 15 anthropoid species exhibiting various positional behaviors. The results confirm that clavicle length in Asian apes is long, and chimpanzees have a short clavicle like that of Old and New World monkeys, when scaled to body mass. The clavicular length of chimpanzees, however, is intermediate between Old World monkeys and Asian apes when scaled against thoracic width. Therefore, living apes can be grouped together, albeit just barely, by possession of a relatively long clavicle for their thoracic cage size. Interestingly, New World monkeys tend to exhibit a longer clavicle than Old World monkeys of equivalent body mass or thoracic cage width. Although it is unclear whether the ancestral condition of clavicular length in anthropoids was similar to that of living Old or New World monkeys, an elongation of clavicle was an important step toward evolution of the modern body plan of hominoids.

JUN/08/2010

Copyright(C) 2010 PRI ().