ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Discrepancy between imitating finger configuration and finger action: a single case report

Akira Midorikawa, Mitsuru Kawamura, Katsuki Nakamura

動いていない手の形(グー、チョキ、パー)を模倣することが困難だけれども、手の動作(グーからチョキそしてパーへと変化する動作)を模倣することはできる患者さんの症例を報告した。異なる神経回路が関与していることを示唆するものであり、ヒトにとって動作が重要であることを示す結果だと考えられる。

European Neurology, 64: 80-82, 2010

Kimura and Archibald [1] reported that different neuronal mechanisms underlie the imitation of static configurations versus the imitation of actions. However, because the configuration and action models used in this study differed in regard to familiarity and meaning, conclusions are rendered problematic. In this article, we present a patient who showed a clear discrepancy between imitating finger configurations and imitating finger actions using comparable models, and we show the importance of movement information for human beings.

AUG/11/2010

Copyright(C) 2010 PRI ().