ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

飼育下チンパンジーにおける横断性脊髄炎に類似した四肢不全麻痺
:長期療養と回復


Tetraparesis resembling acute transverse myelitis in a captive chimpanzee (Pan troglodytes): long-term care and recovery

T. Miyabe-Nishiwaki, A. Kaneko, K. Nishiwaki, A. Watanabe, S. Watanabe, N. Maeda, K. Kumazaki, M. Morimoto, R. Hirokawa, J. Suzuki, Y. Ito, M. Hayashi, M. Tanaka, M. Tomonaga & T. Matsuzawa

チンパンジーのレオ(当時24歳、♂)が急性四肢不全麻痺を発症した。MRI検査で第1第2頚椎付近にT2強調画像で炎症を疑う像を確認した。感染症、自己免疫、血管系の検査では異常はなかった。 チンパンジーの状態はヒトの急性横断性脊髄炎(ATM)に類似していた。発症初期の2か月間は重篤な寝たきりの状態で24時間体制での看護が必要であり、その後1年以上にわたり特別な介護が必要であった。初期にはステロイド療法で多少の改善があったが、最初の6ヶ月は全身状態が悪化した。寝たきりの状態の長期化に伴い、さまざまな部位に褥瘡ができた。対症療法を続け、一般状態、動き、食欲および褥瘡は約2年かかって徐々に、しかし相乗的に回復した。 

Background A 24-year-old, male chimpanzee (Pan troglodytes) developed acute tetraparesis. Magnetic resonance imaging showed a diffuse T2-weighted hyperintensive lesion, indicating inflammation at the C1–2 level. All infective, autoimmune, and vascular investigations were unremarkable. 

Results and Conclusions The chimpanzee’s condition most resembled acute transverse myelitis (ATM) in humans. The chimpanzee was in severe incapacitated neurological condition with bedridden status and required 24-hour attention for 2 months followed by special care for over a year. Initially, corticosteroid therapy was performed, and his neurological symptoms improved to some extent; however, the general condition of the chimpanzee deteriorated in the first 6 months after onset. Pressure ulcers had developed at various areas on the animal’s body, as the bedridden status was protracted. Supportive therapy was continued, and the general condition, appetite, mobility, and pressure ulcers have slowly but synergistically recovered over the course of 2 years. 

J Med Primatol 39 (2010) 336–346 
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1600-0684.2010.00415.x/pdf

 

OCT/08/2010

Copyright(C) 2010 PRI ().