ENGLISH トップ 所長挨拶 概要 教員一覧 研究分野・施設 共同利用・共同研究 大型プロジェクト 国際集会 教育,入試 広報,公開行事,年報 新着論文,出版 教員,職員公募 国際共同事業 霊長類研究基金 リンク アクセス HANDBOOK FOR INTERNATIONAL RESEARCHERS Map of Inuyama サイトマップ
トピックス
コラム・連載 質疑応答コーナー ボノボ チンパンジー「アイ」 頭蓋骨画像データベース 霊長類学文献データベース サル類の飼育管理及び使用に関する指針 Study material catalogue/database 野生霊長類研究ガイドライン 霊長類ゲノムデータベース 写真アーカイヴ ビデオアーカイヴ

京都大学霊長類研究所
郵便番号484-8506
愛知県犬山市官林
TEL. 0568-63-0567(大代表)
FAX. 0568-63-0085

本ホーム・ページの内容の
無断転写を禁止します。
Copyright (c)
Primate Research Institute,
Kyoto University All rights reserved.


お問い合わせ

English

Paleoenvironmental analysis of Chaingzauk mammalian fauna (late Neogene, Myanmar) using stable isotopes from tooth enamel and its implication to paleogeography

Zin-Maung-Maung-Thein, Masanaru Takai, Hikaru Uno, Jonathan G. Wynn, Naoko Egi, Takehisa Tsubamoto, Thaung-Htike, Aung-Naing-Soe, Takeshi Nishimura, Minoru Yoneda

ミャンマー中央部に分布する後期中新世〜前期鮮新世のイラワジ層から見つかった哺乳類化石の歯から抽出した酸素及び窒素の安定同位体を用いて、当時の古環境の復元を行った。ヤマアラシ科、マメジカ科、サイ科、イノシシ科、ゾウ類などの歯の13C値は、彼らが森林環境でC3植物を選択的に採食していたことを示している。一方、ウシ科やカバ科の動物の歯の13C値は、彼らが草原環境で草食または葉食と草食の中間型の菜食者であったことを示している。当時の環境は現在よりも湿潤で、次第にモンスーン気候が強まり、森林環境から草原性の環境に変化しつつあったことが明らかになった。また、現在のミャンマー中央部の乾燥した環境は、後期中新世のヒマラヤ造山運動によってミャンマー西部の山岳地帯が上昇し、その結果「雨蔭効果」が生じて降水量が減少したことと、西部山地からの堆積物の増加により南部の海岸線が遠くなったことに原因があると考えられる。

Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 300:11-22 (2011)

The tooth enamel of a mammalian fauna from the uppermost Miocene/lower Pliocene Irrawaddy sediments at Chaingzauk, west-central Myanmar were analyzed using stable carbon and oxygen isotopes. The δ13C values of porcupines, tragulids, rhinocerotids, suids and proboscideans show that these mammals preferentially consumed C3 plants in a wooded environment, whereas the δ13C values of bovids and hippopotamids indicate that they were grassland-adapted grazers to mixed feeders. In contrast to the thorn scrub, grassland and shrubland vegetation of present-day central Myanmar, stable carbon isotope results of the Chaingzauk fauna suggest a presence of wooded environment in the Chaingzauk area at that time. Present-day arid conditions are likely to have been caused by the uplift of the Indo-Burman Ranges due to the Himalayan Orogeny during the late Miocene to Pliocene, resulting in a rainshadow effect in central Myanmar. Furthermore, southward marine regression due to the rapid influx of sediments from the Indo-Burman Ranges, Eastern Himalayan Ranges and Sino-Burman Ranges into the Central Myanmar Basin in the Miocene to Pliocene might have played an important role in the aridification of this region since the lower Pliocene.

FEB/28/2011

Copyright(C) 2010 PRI ().